【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システム導入で社内リソースの負担を軽減

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/15

会社経営を円滑に進めるうえでは、労働者の健康管理は大きな責務です。社員ひとりひとりの心身の状態を把握できれば理想ですが、従業員の体調までもしっかりと把握しておくのは至難の業です。また最近では働き方改革を通じた労働力確保の観点からも従業員の健康管理の重要性が再認識されています。そこでオススメなのが健康管理システムです。

企業経営に重くのしかかる労働者の健康管理

電通事件を典型例として、依然として一部の企業では長時間労働が横行しています。また今後の労働力人口の減少の見通しのなかで、限られた人材のリソースを使い潰すような経営方針では生き残ることが難しくなります。その一環で推し進められているのが働き方改革の名のもとに、推進されている一連の施策です。

先進国最低レベルの労働生産性の向上と並んで重視されているのが、従業員の健康管理です。残業時間の上限を設定することに加えて、従業員の健康管理につき経営者に重い義務が課されているのです。具体的に経営者が健康管理のために直面する課題は、従業員のストレスチェックの実施と定期検診実施と健診結果の労働基準監督署への報告です。

ストレスチェックは2015年の労働安全衛生法の改正により導入されたもので、50人を超える従業員を雇用する事業所ではメンタル面での問題を抱えていないかを確認する趣旨でストレスチェックの実施が義務化されています。経営者は年一回の定期検診を義務づけられていますが、定期的な実施に加えて健診結果の内容を労働基準監督署に書面で報告しなければなりません。

いずれも従業員の健康管理に必要なリソースを確保するのが難しい、中小企業では大きな負担となってきました。このような従業員の健康管理の負担を軽減し、より効率的にデータ集計やモニタリングを可能にするのが健康管理システムです。

従来の会社の健康管理にはデメリットが意識される

企業にとって従業員の健康管理に力を入れたいものの、実際には健康維持や増進にはなかなかつながらないという悩みをかかえている経営者も多いのではないでしょうか。健康管理業務の内容や射程は広範囲に及び人的リソースが限られる状況では、きめ細かく従業員の心身の健康状態をフォローすることには大きな負担を伴います。

また従業員の健康に向き合う姿勢も問題があります。健康意識は個人差が大きく、わずかな異変でも見逃すことなく医療機関を受診する人もいれば、健診結果で異常を指摘されても自覚症状がない限り放置しておく人もいます。頻繁に医療機関にかかるのも、医療保険財政の観点から見れば問題ですが、だからといって無頓着に過ぎるのも、病気が進行するリスクと隣り合わせです。

健診結果にあわせて運動を推奨し、食事バランスの改善を提案するなどの対応では、健康意識のあり方まで変化させるのは難しいのが現実です。従業員全体の健康意識を高めて底上げをはかるには、生活習慣の課題や食事バランスのあり方などを、視覚的に認識しやすいように見える化を実践することが求められます。

とりわけ定期検診の目的のひとつである、生活習慣病をはじめとした病気の早期発見につなげるには、健康意識を喚起することが必須の条件となるのです。従業員まかせの健康管理は、疾病治療などのための職場からの一時離脱など、経営上も深刻なリスクを抱えています。

健康管理システム導入によるリソース削減

企業経営に不可欠の従業員管理をより実のあるものにするために、効率化を図る上で導入するメリットが大きいのが各社から提供されている健康管理システムです。健康管理システムを導入することで、まず実感できるのは健康管理業務の負担軽減です。

定期検診では広範囲な検査項目を取り扱うことになります。とくに労働基準監督署への年一回の報告書作成などは、ある程度の専門知識の持ち合わせがないかぎり書類作成などは大きな負担と意識されます。この点健康管理システムでは、データを取り込むことで必要な書式を選択すれば容易に文書作成を行うことができます。

さらに従業員の健康状態を一元管理できるのも大きなメリットです。人体の疾病に関係する情報は、診療科目に応じてまちまちですが全身の状態を把握するには、従業員ごとに健診結果などを一元的に把握することが有益です。デジタルデータで一元管理すれば、必要な情報へのアクセスが容易になり効率的な管理を実現します。ペーパーレス化により文書保管のスペース削減や紛失のリスクも回避できます。

健康管理システムを導入して、従業員の健康に関するデータを把握すれば集計作業の手間を省力化し、部署ごとの課題や問題点が明らかになります。保健指導が必要な従業員のスクリーニングも簡単に実践できるのもメリットです。加えてなによりも健診結果が視覚的に認識できることで、従業員の健康意識の喚起につながり病気の早期発見なども可能となります。

 

会社経営において従業員の健康管理は、経営者に課せられた大きな義務です。しかし健康管理では人体のさまざまな部位の状況を対象にするので、管理業務は大きな負担を伴います。健康管理システムを導入すれば労働安全衛生法の業務全般が効率化し限られたリソースの有効活用を実現します。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧