【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

産業医の健康管理システム活用で業務効率化

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/02

事業所ではその規模に応じて産業医の契約が必要です。しかしながら産業医の仕事は多岐にわたり、限られた時間で必要な対応をするためにはいくつものハードルがあります。そのハードルを低くして効率のよい仕事を実現させることが健康管理システムの役割でもあります。そのための方法について把握しておくと非常に便利です。

産業医の活動を最適化する方法について

産業医は常時50名以上の従業員を雇用する企業の場合に届け出が必要になります。そのため、なんらかの形で産業医契約を結ぶことになりますが、現実的な問題としてできることには限度があります。対応できる時間が決まっている以上は、その枠組みの中でいかに重要性の高い仕事を優先的に行ってもらうか、そのためにどのように仕事を依頼するかが重要になってくるのです。

たとえば産業医の意見が必要な従業員のピックアップを行うことで、効率的に仕事を処理できるようになる場合もあります。医師が自分で情報を検索してもよいですし、対象となる労働者の資料については、健康管理システムを使ってあらかじめ準備しておくという展開も可能です。

医師の意見が必要になる条件が決まっているのであれば、システムで自動的に対象者を選び出すということが可能になるのです。あるいは面談を行う必要が生じるケースにおいては平均残業時間などが関連する場合もあります。

基幹システムと健康管理システムを連携させることによって、より効率的に対象者をピックアップしていくことが可能なことがあるべき姿、目指すべき方向性であるといえるでしょう。必要な資料や情報を探すという面倒な手間を省けたとき、初めて健康管理システムを導入することの意義が確認できるようになりますので、利用しやすい仕組みを考えることが大切です。

健康管理システムによる記録の管理について

健康管理システムが得意としていることは、健康診断等の結果をデータベースとして保管しておき、必要なタイミングで引き出すことができるということです。これを活用することで、産業医活動の対象者を自動的に抽出していくことも可能になります。

このような作業を医師に行わせるのは時間の無駄となりますので、担当者が事前に行っておくことが一般的です。しかしそれを行う上でシステム化されていない場合は、多くの時間を必要とすることになってしまうでしょう。すべての健康管理システムが同じ仕組みというわけではありませんが、多くの場合、医師が必要とする情報をあらかじめ準備できるよう設計されていることが基本となっています。この仕組みを上手に使うことで、準備に必要な労力を大幅にカットすることが可能になることでしょう。

これは規模の大きな事業所であるほど、より有効的に機能します。さらには産業医が求める形での記録作成に対応できるタイプの健康管理システムも存在しています。そのような仕組みがあれば、必要なタイミングで必要な資料を印刷するだけで医師の仕事に対応することも不可能ではありません。

この辺りはシステム化することによって実現することのできるメリットにあたる部分ですので、これから新規に導入していこうとする場合には、積極的な活用を前提に準備を進めていくことが推奨されます。

産業医の活動しやすさに直結する

産業医活動の仕事の範囲は非常に広く、何をどのタイミングで行うべきかについてはあらかじめ準備しておく必要のあるものがほとんどです。従業員数が少ない場合にはそれほど問題にならないことも多いのですが、非常に多くの人数を診ていく必要がある場合には、効率的にチェックを行う仕組みが必要になってきます。

医師の立場に立ってみると、その時々で必要な角度から健康状態を把握する必要がありますので、詳細にデータ化されていることが重要です。さまざまな検索機能ひとつを取ってみても、求める方法での検索や抽出を行うことができれば、効率的に活動できるようになります。このような仕組みを構築できていれば、同じ時間単位でも医師の活動量は多くなる傾向にあります。このような違いは仕事のしやすさに直結するものであり、大きな影響のあるものです。

システム化はある程度以上の従業員を抱える企業にとっては、健康管理上必要不可欠なものとなります。または複数拠点にまたがって点在しているビジネスを行っている企業などでは、一括管理を実現するための仕組みづくりがどうしても必要です。小規模事業の内は紙媒体での管理が一般的です。しかし、管理すべき人数が増えるに従って、手間をかけずに情報を共有できる仕組みが必要になる、という認識を持つことが大切になります。

 

産業医活動は労働安全衛生法に基づく活動であり、実施しなければならない義務の一種です。しかしながらそのために活動できる時間は限られており、有効に機能させるためには情報管理の仕組みが必要不可欠です。そのための仕組みの多くが健康管理システムにあるので、上手に活用することが推奨されます。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧