【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムの比較ポイント|自社に合ったコストや機能で選ぶ

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/15

今や従業員の健康管理は企業の規模の大小を問わず重要な課題と認識されるようになりました。人的資源に乏しい中小企業では、とりわけ従業員の心身の状況を効率的に管理するためのソリューションの必要性が叫ばれてきました。そのような声に応えて、従業員の健康管理を一元的に行うことができる健康管理システムが各社から開発販売されています。

企業が直面する従業員の健康管理の課題

サービス残業や過重労働などによる労働災害事件の続出などをうけて、現在では、従業員の心身の状態を把握することが企業に課せられ、場合によっては適切な対策をとることが義務付けられています。従来から定期検診などが義務付けられていましたが、最近では労働安全衛生法改正の結果、メンタルチェックも制度化されました。

2019年にはいわゆる「働き方改革」関連法が一部施行され、労働生産性の向上と合わせて一億総活躍社会実現に向けて労働力不足を解消するための対策も導入されています。その中でも従業員の健康管理は重要なものと位置付けられ、これまでにも増して企業は従業員の健康管理に重い責務を負うようになっているのです。

とはいえ法律などによる制度が導入されてもなお、企業にとって従業員の心身を良好に維持するのは一筋縄では解決できない現実があります。企業全体で従業員の健康管理を実のあるものにするには、従業員の意識改革も必要です。しかし健康意識には個人差があり、検査で異常を指摘されても精密検査に行くのを億劫がったり、医師の指示を軽視したりする従業員も少なくありません。

また病気の早期発見につなげるのも難しいのが現状です。早期の段階では深刻な症状に直面しないことが一般的だからです。このような従業員に対して意識改革につなげるには健康管理システムを活用し、可視化したデータを元によりわかりやすく自身の健康状態を認識させておくことは重要です。

健康管理システムを導入することの意義

大企業では産業医をはじめとした従業員の健康管理の担当部署が存在するので、従業員の健康管理業務に支障を感じることは少ないようです。しかし中小企業では人事管理部門が管理することもありますが、中には限られた人的リソースのなかで担当部署すら存在しないことも。この点、健康管理システムを使うことで、従業員の健診結果や保健指導などのデータを一元的に管理することが可能になり、従業員の健康管理を大幅に効率化してくれます。

さらに健康管理システムは従業員の健康意識を変革させる意味合いももちます。それというのもシステムにより従業員一人ひとりの健康状態や生活習慣の抱える課題などが可視化されるので、健康意識が低い人でも自身の健康状態を客観的にモニタリングすることを可能にするからです。

従来は健診結果のデータをエクセルで管理する企業もありました。現在でもそのスタイルを継続している企業もあるようです。しかしエクセルへのデータ入力は煩雑になりがちで、作業効率に差が出てしまう側面も否定できません。健康管理システムを導入・活用すれば従業員の健康管理に関する情報を一元管理することになります。

労働基準監督署などへの健康診断結果報告書など、各種の文書作成もデータをアウトプットし、簡単に作成できます。これまで負担だった各種書類の作成も効率的になり担当者の事務作業の負担を大きく軽減できます。

各社のシステムの機能を比較して検討する

それでは具体的にどのようなポイントに留意して健康管理システムを選定するべきなのでしょうか。基本的には、自社の抱えている健康管理の課題を解決できる機能を実装しているものを選択するべきということになります。とはいっても各社から販売されている健康管理システムの機能には違いがあるので、いくつかのポイントを比較して検討するのがベターです。

まずはクラウド型とインストール型の仕様の違いです。インストール型はイニシャルコストが嵩みますが、基本的にそれ以降のコストは発生しません。これに対してクラウド型は初期費用を抑えることができますが、毎月月額料金が発生します。またクラウド型は端末さえあれば出先からスマートフォン経由でも入力できるという利便性があります。

そして健康管理システムの本懐ともいえるのが、健診結果などの管理機能の違いです。基本的には健診結果のデータを従業員ごとに把握し、経年の変化などを反映させることで健康状態を客観的に認識できる機能が主なものです。中には過重労働などのリスクが高い従業員をスクリーニングし、適宜有給休暇の計画的付与に活用できる機能を備えたものもあります。

従業員への健康管理のサポート機能が充実している健康管理システムには、専属AIが健康をサポートしてくれる機能を備えていたり、スマホで撮影した食事メニューを送信すると食生活のアドバイスを提供してくれるなどユニークな機能を具備していたりするものも登場しています。

 

中小企業にとって従業員の健康管理は重大な課題です。定期検診の実施やストレスチェックなど年間を通じてこなすべきスケジュールは大きな事務負担を発生させるからです。これらの問題の解決につなげるのが健康管理システムです。それぞれのシステムの機能を比較し、自社にとって最適のものを選ぶことが従業員の健康管理では大事であるといえます。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧