【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムの導入にかかる初期費用

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/13


健康管理システムとは、企業などで利用する健康管理のために使用するデータベースのことを指す言葉として知られています。小規模な企業では紙管理が行われている場合もありますが、多数の従業員の健康管理のためにはデータ化が必須です。そこで登場したのが効率的に健康管理を行うために役立つ健康管理システムという仕組みなのです。

健康管理システムのコストの構成について

健康管理のために用いる健康管理システムには購入費用の他、運用コストがかかります。このような仕組みを必要とする場合にはある程度の規模の企業であることが想定されますので、たくさんの個人情報を保管して管理するためのデータストレージとしてのサーバーが必要になるでしょう。

これは従来型のストレージとして導入する場合もあれば、オンライン上にストレージを設置する場合もあり得ます。比較的小規模の企業などの場合には自社サーバーという形で管理することもできますが、かなり大規模の企業や、拠点が複数カ所にまたがっている場合に一括管理をしたいなどのニーズがある状況であれば、健康管理のために必要な情報を一括管理するための仕組みが求められます。

それらの中には買い取り形式での対応が困難か、不可能である場合もあるでしょう。従って健康管理システムのために必要な費用としては、固定の経費である初期投資のほかに、維持管理のためのランニングコストが必要になる場合も少なくありません。

固定費のみで済む場合の多くは、健康管理システムという名のパッケージソフトウェアを買い取り、それを自社サーバーに導入して運用する場合などが挙げられます。この場合は自社内のスタッフで管理運用をすべて行うことになりますので、費用は安く抑えることができますが、トラブルへの対処が困難になる場合もあります。

健康管理システム導入のメリットについて

健康管理システムを導入する最大の目的は、健康管理のために必要となる情報を整理して利用できるようにするというものです。従ってデータベースとして格納されたさまざまな情報を、必要な時に必要な形で引き出すことができなければなりません。

これを実現するために導入することになるのがシステムであり、これを導入することによって効率的な情報管理による検索コストの大幅な低減や、蓄積された情報の有効活用などが実現できます。健康管理のための情報は企業にとっては管理義務のあるものであるという特徴のある情報となりますので、可能な限り少ない手間で管理できるということは人件費の圧縮にもつながるものとなります。

企業などにおいては安全衛生の観点から必要な健康管理の仕組みを確立して運用することが求められていますので、その効率的な実現のために必要であるといえるのです。情報の効率的な管理運用のために役立つのが健康管理システムであり、システム化することによって削減される人件費などのコストが莫大であるからこそ価値が見出されているといえます。

その意味では蓄積された情報を有効活用できるという点にメリットがあるということになります。活用の仕方は法律に定められた範囲内での健康管理にとどまらず、さまざまな角度からの情報分析に耐えうるものであるというのが大きな魅力となります。

おすすめの健康管理システムの形とは

健康管理システムの形にもいくつかの種類がありますが、最もシンプルなものはスタンドアローン型のものです。これは一か所ですべての情報を管理するという形であり、オンライン上にデータを置く必要もないので導入のためのコストは低く抑えられます。比較的小規模の企業ではこの形がおすすめです。しかしながら規模が大きくなった企業などでは、データを一か所のサーバーに保管して置くものでは効率が悪いこともあるでしょう。

そのような場合には、現代の技術ではクラウド型のデータ管理が推奨されています。これは蓄積された健康管理に関連する情報を安全な形でオンライン上に置き、それを必要なタイミングでダウンロードする仕組みで成り立っています。こうすることによって複数の拠点で共通の情報を扱うことができるようになります。

クラウド型は手元にシステム類を設置することがありませんので、データを格納するサーバーの保守管理については企業内での実施が不要になります。大きなリスクを取り払うことができる一方で、ある程度の運用コストが必要になるものと理解しておくのがよいでしょう。

スタンドアローン型は導入費用こそ掛かりますが、維持費が安く済むのが特徴です。クラウド型は導入費用のほかに、維持管理のためのコストが別途必要になるケースが多くなっています。これはデータ管理上の手間を省くための代価であると考えられます。

 

健康管理システムの導入にかかる初期費用はケースバイケースです。どのような企業がどのような情報管理の方法を選択するのかが一番大きな問題であり、それによって初期費用と維持費の方向性が決まります。一般に扱うデータ量が多いほど初期費用も高くなる傾向があります。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧