【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

コロナ禍で注目されている健康管理システム!その活用法は?

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/02

ここでは、コロナ禍で注目されている健康管理システムを紹介します。健康管理システムは、各国でコロナウイルスが広がる中で注目が集まっています。たとえば、アップルはアップルウォッチによって健康管理ができるような仕組みを発表しました。また、今回紹介する健康管理システムのようなソフトウェアもたくさん登場してきています。

コロナ禍で役立つ健康管理システムとは

今回のコロナ禍では、国はコロナウイルスに関する個人情報を集めるのに苦労しました。現在でも、国が開発したシステムが定着していないところを見るとかなり苦戦しているようです。

なぜ、このように国に健康データを集めるシステムが定着していないかというと、一つは国の力の入れ具合によるところだと考えられます。たとえば、台湾はウイルスが発生するといち早くアプリケーションを開発して国民に配布することで、コロナウイルスの感染率を低く抑えることができました。日本では、現在でもシステムがうまく活用できていない状態にあり、そのため企業単位で社員の健康状態を把握する必要が生じています。もちろん、コロナウイルスだけに限らず、健康データ自体に価値があるということに世界が気づき始めたという事実もあります。

もう少し大きなくくりでいうと、個人データがビッグデータとして世界で注目されているということです。健康管理システムによって扱う検診データは、個人の健康管理から企業の薬剤の開発までさまざまなことに活用されることが想定されます。企業は個人情報の一つとして、検診データを管理する必要があるので、このシステムが注目され始めたのです。

また、日本は世界一の高齢化社会でもあり、長寿国でもあるので、健康に関するデータが豊富だという事実も挙げられます。結果として、今後の社会では検診データが重要になるでしょう。

健康管理システムの仕組みとは?

健康管理システムには、オンプレミス型とクラウド型があります。クラウド型は、自社でサーバーを用意する必要がなく、メンテナンスも不要なため、多くの企業で取り入れられています。

オンプレミス型は、自社サーバーを所有する企業がパッケージソフトウェアなどを使用して、自社で検診データを管理することが可能です。オンプレミス型は、メンテナンスの必要性やライセンス料がかかるなどのデメリットがあります。しかし、自社で検診データを扱えるので、セキュリティ面では安全です。

クラウド型とオンプレミス型ともにメリットとデメリットが存在するのですが、時代を考えるとクラウド型にシフトしていくのは間違いないといえるでしょう。しかし、デジタルトランスフォーメーション(DX)などの各企業の取り組みも、オンプレミスからクラウドに移行している最中であり、必ずしも今クラウド型にしなくてはいけないという訳ではありません。

今後の計画として、社内のクラウド化を検討している企業であれば、オンプレミス型の健康管理システムを導入するのもひとつの手段です。そのような理由で健康管理システムを導入する場合は、予算と自社のシステムを考慮して考える必要があります。現在、社内のIT管理に不安を抱えている企業も多いので、大手ベンダーやコンサルタントを活用して、最適なシステムを導入するのがうまく活用する近道です。

コロナ禍で健康管理システムをどう活用する?

コロナ禍で健康管理システムを活用するには、セキュリティ性能の高いシステムを導入することが大切です。最近のニュースでも、セキュリティに不安があるために導入しにくいシステムが挙げられたためです。

ただ漠然と社員の検診データを集めるだけであれば簡単にできますが、現在のシステムはデータをビッグデータとして活用することが最も重要視されています。すなわち、社員や会社の担当社、医療機関が検診データを共有しつつ、AIによって効率よくデータを分析して、政府に提出することが求められるということです。このような取り組みによって、政府は企業単位での健康状態を把握することが可能になります。

日本では、コロナウイルスのシステムもうまく機能してない状態なので、企業単位でデータを集める事が重要になってきます。コロナウイルスに限らず、今後もこのような健康被害が起こることは想定できるので、環境への取り組みと同様に健康データの保持も企業には求められるのです。

一番の目的は社員が健康を維持できるようにするためで、社員はその分析したデータをスマートフォンやタブレットで確認することを可能にします。そして、どのような時期に通院したらよいか、どのような治療方針が望ましいのかを知ることができるのです。これらの情報を会社の担当者などと共有することによって、双方の安心感にもつながり、健全な社会人生活にもつながるでしょう。

 

現在のデジタルトランスフォーメーションの時代に、企業のどこからシステムを刷新してよいか悩んでいる担当者も多いと思います。オンプレミス型とクラウド型という違いもあるため、各業務をもう一度深く理解してからシステムを導入する必要があるでしょう。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧