【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムで従業員の病気の早期発見

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/02

働き方改革の本格的展開を受けて、労働生産性の向上と労働時間長期化の是正などさまざまな取り組みが企業の規模を問わず必要とされる社会的状況となっています。なかでも労働災害の続発により、労働者の病気の早期発見などの労働安勢衛生環境の回線が強く意識されるようになりました。そこで最近注目をあつめているのが健康管理システムです。

使用者では避けて通れない労働者の健康管理

そもそも病気の早期発見が強く要請されるのは、いかなる事情によるものでしょうか。あらゆる病気に共通しているのは、早期の段階で発見できれば治療に必要な肉体的経済的負担を小さく済ませることができるという点です。ところが、健康診断などの身体の各種の異変を意識的に突き止める取り組みがなければ、進行した段階で医療機関を受診することになり、治療は長期化し、時には死亡や後遺症を抱えることになる場合も少なくありません。

企業には労働者を雇用した以上は、労働者の安全衛生環境を維持し、安全な職場を提供する義務を負っています。職種によっては特別の設備上の配慮などを負っていることもあります。このような使用者サイドの労働安全衛生環境の維持義務は、就業に起因するけがや疾病の予防が主たる目的です。しかしながら、病気によっては就業環境とはあまり関係性がなく、加齢や生活習慣が主な原因で発症することも珍しくありません。

いずれにせよ、労働者の健康管理を的確に完遂することには、労働者自身の福利はもちろん使用者にとっても労働生産性を維持し企業収益を拡大するうえでも意義があります。そこで従来から定期健康診断などが実施されてきましたが、その都度の結果ばかりが注目され、データに基づいて就業環境の問題点などをシステマティックに把握するまでには至っていないのが現状です。健康管理システムにはこれらの課題を解決に導く可能性があります。

健康管理のソリューションを提供

健康管理システムの意義とは、定期健康診断などの結果データなどを人事情報に紐づけて関連情報を一括管理するというものです。従来は紙ベースで管理されていることもあり、企業全体の従業員の健康管理の動向や職場の抱える労働衛生上の課題、自社の労働者の健康管理の動向などを中長期的に管理把握することが困難でした。健康管理システムはこれらの従来の企業が直面する労働衛生上のデータを効率的に管理することを可能にします。

そのため、導入することに大きなメリットがあるわけですが、どのような課題のソリューションを提供してくれるのかを事前に認識しておくことが大切です。健康管理業務の負担は、今後もますます大きくなるものと予想されます。労働安全衛生法の改正など関連法規の影響で、健診準備や労働基準監督署への提出書類の対応や、健診結果や面接記録や問診票などの個人情報の取り扱いなど多岐の分野で作業が必要になります。紙ベースでの処理には限界があるため、健康管理システムを導入することにより業務の効率化やペーパーレス化などの効果を期待できます。

加えてコンプライアンスとの関連で警戒するべきなのが労働災害です。従業員の過労死や入院などは発生自体がさまざまなリスクをもたらします。健康管理システムの活用で健康診断の結果分析を通じて、就業環境の問題点をあぶり出し、労働災害発生防止などにつなげることも期待できるでしょう。

健康管理システムの選定時のポイント

実際に導入するとなると、どのような点に留意して健康管理システムを導入するべきなのかが問題になります。まず検討するべきなのは、最適なコストパフォーマンスをもっているか否かです。現在では各社から健康管理システムが販売されており、機能はもちろん価格帯やアイテムのバリエーション(パッケージ型かクラウド型かなど)にも特徴があります。コスト面を意識するか、健康管理の充実を図るかなど大まかな方向性はあるはずです。

しかし、どれほど高機能な健康管理システムを導入しても、自社がメインとして使用しているデバイスに規格が合っていなかったり、不必要な機能ばかりが付いていたりすると活用する術がなくなってしまう可能性があります。反対に、価格面にばかり注目して選ぶと、必要なソリューションにつながらなくなるリスクが発生する可能性を否定できません。

そこで、意識するべきなのは、健康管理システムを選定するに際して課題解決に必要な機能が備わっているか、という点です。健康管理システムで提供されている機能は大きく分類すると、人事情報連携・健康診断保健指導連携・過重労働管理や行政庁に提出する書類管理作成機能などがあります。

とくに他システムとの連携機能はポイントです。人事データ取り組みや勤怠管理データの取り組みなどがあれば、個人の労働者の健康管理や病気の早期発見に紐づけることが可能になるだけでなく、職場全体の健康管理を効率的に実現することにもつながるはずです。

 

良好な就業環境を維持し、労働者の健康管理を図ることは使用者が負う労働安全衛生上の重要な義務です。病期の早期発見などにつなげるには健康管理システム導入には大きな意義があります。効率的かつ正確に健診結果などを分析することで、労働者の健康管理状況を改善させ結果的に企業収益を上げることにも帰結するでしょう。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧