【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムを導入する効果とは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/13


近年日本では長時間労働や過労死が社会問題となっています。このような状況の中で企業が健康管理システムを導入することの意味合いはとても大きいです。企業が社員の健康を管理することは法律でその手順が定められています。そのために大切なのが4つの課題の克服です。健康管理システムを導入することで、これら4つの課題を克服できます。

健康管理システムの導入で解決できる4つの課題

健康管理システムの導入で解決できる4つの課題というものがあります。具体的に一つずつその内容をチェックしてみましょう。企業が労働基準監督署に提出すべき書類は大変に多いです。勤怠管理状況や定期健康診断実施状況を作成して提出するのに大変な手間がかかっています。健康管理システムを導入することにより、その作業を定型化できますので、書類作成に要する時間を大幅に削減できます。企業は1年に2回社員に健康診断を受けさせなければなりません。

そして何らかの異常が見つかった場合にはすぐに対応策を打ち出すべきです。ところが案外難しいのが社員の追跡調査です。体の悪い部分が見つかった社員が、医療機関で適切な治療を受けたかどうか確認するのは難しいです。この作業も健康管理システムを導入することによりその時間を大幅に短縮できます。

企業が社員の労務管理をする時に一番大切なのが時間外勤務と休日出勤の状況です。法律でその上限は定められています。それが確実に守られているかどうかを常にチェックしておく必要があります。こちらも定期的に書類を提出しなければなりませんので、健康管理システムの導入によりその手間が大幅に軽減されます。

近年、健康問題で最も重視されているのがメタボリックシンドロームです。定期健康診断でメタボリックシンドロームであるかどうかは判断できます。しかしながらその後の処置がフォローされていません。こちらも健康管理システムを導入することにより、その後の流れとフローが定型化されますので、社員が治療、診療の機会を逃すことがなくなります。

企業が抱える社員の健康を守ること

企業が抱える健康管理における課題は、健康管理システムを導入することにより簡単に解決できます。具体的にどのような項目に対して対応していくのでしょうか。その辺りを簡単にまとめてみました。まず健康管理システムを導入することにより、官公庁に提出する書類の作成時間を大幅に短縮できます。

それは、健康管理システムには官公庁が制作する独自のフォームが搭載されているからです。そのため企業がやることは、フォームにデータを打ち込むだけで済みます。過去に使用したテンプレートや今まで蓄積したデータを再利用して活用できるため、大幅な時間の短縮につながります。また、法律で企業の社員は1年に2回健康診断を受診することが必要です。

しかしこの健康診断の結果をフォローするということが、なかなか難しい状態になっています。健康管理システムを導入することにより、社員の健康診断で異常が見つかった場合の処置と流れについて、細かく考えられていますので、企業はその流れに沿って社員を医療機関へ受診させるだけで済みます。

さらに、近年日本の社会問題として長時間労働があります。健康管理システムを導入することにより、社員の勤務状況と健康状態の関連を客観的につかむことが可能になります。それでなんらかの問題が発生した場合には、すぐに処置を講ずることができます。

健康リスクマネジメントを活用する

企業が今一番真剣に悩んでいるのが時間外労働と休日勤務の問題です。それらの問題を一気に解決してくれるのが、健康管理システムの導入です。社員の勤務状況と健康上の問題には極めて緊密な相関関係があります。それらのデータは書類として残せますので、それで社員の健康を守ることにもつながります。

さらにその書類を労働基準監督署などの役所に提出することもできますので、書類作成の時間が大幅に削減可能です。このシステムは極めて優れた機能を持っています。社員の勤務時間や担当業務といったような情報から、それぞれの社員について健康上のリスクを判定できます。これは健康リスクマネジメントと称されます。

健康リスクマネジメントを活用することにより、健康上問題になりそうな社員を前もって把握することが可能です。必要な場合には社員に医療機関で処置を受けさせ、大切な社員の命を守ることができます。また、企業で働く社員に対して生活習慣の改善ができるという利点があります。一番身近な例がメタボリックシンドロームです。

肥満はさまざまな病気のもとになるといわれていますが、メタボリックシンドロームと判定された社員に生活習慣の改善をさせる必要があります。それには長い時間がかかりますし、その後の追跡調査が絶対に必要です。それらの流れやフローを見逃すことなしに実行させてくれるのが、このシステムの大きな特徴となっています。

 

健康管理のシステム導入で大切な社員の命を守ることができます。システムを選ぶ際には、その効果を検証することが大切です。費用対効果の面で検証をしておくことが大切です。健康管理システムを導入するのにかけた費用に対して、どれほどの効果があるのかをチェックしておきます。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧