【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムはウェアラブルデバイスでもっと効率的に

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/11


近年、ウェアラブルデバイスが進化してきています。ウェアラブルデバイスにはセンサーが搭載されていて、デバイスにインストールされているアプリを通して心拍数などをリアルタイムに可視化して確認できます。スマートフォンで行ってきた機能の一部を利用できるようになった事で、健康管理にも役立てられるようになってきました。

健康管理システムとウェアラブルデバイスの連携

ウェアラブルデバイスのよいところは、常に身につけていられる事です。心拍数データを取得する事でカロリー消費を計算する事もでき、健康を意識した生活を送り易くなります。企業では、従業員の健康管理は重要な課題であり、従業員の健康次第で、業務の進め方も変わってきます。多くの従業員の健康状態を把握するには、健康診断を定期的に受けてもらい、その結果を一元管理して、データを分析し、個々の従業員に健康に関するアドバイスをしていく事が求められています。

健康診断は毎日行われるわけではありませんので、それを補完するために、日々の健康状態のチェックができる仕組みの導入は欠かせません。ウェアラブルシステムを健康管理システムと組み合わせる事で、健康診断を行っていない日でも、ウェアラブルデバイスを通して健康チェックをする事ができます。

病になる原因の中にはストレスとカロリーがありますので、これらをコントロールしていく事で、従業員は健康を意識するようになり、生活習慣病にかかるリスクを避けられます。ウェアラブルデバイスを装着して、運動を行えば、どれだけのカロリーを消費したかの目安になり、肥満になってしまったり、精神的な疲労によって食欲がなくなって筋力が落ちたりといった事も防げるでしょう。また、最近のデバイスにはeSIM機能が搭載されており、単体でデータ通信が行えますので、健康管理システムとの相性がよいです。

健康管理システムを効率的に活用するには

企業向けの健康管理システムは、企業が従業員の健康管理を把握するのを効率的にサポートしてくれ、企業にとっては強力な味方です。多くの企業は、労働災害を防ぐ環境作りが必須になっており、従業員の健康管理は充分に行っていく必要があります。定期検診である程度の健康状態を把握する事ができますが、日々の健康状態を把握する事ができません。

ウェアラブルデバイスを従業員に使ってもらう事で、心電図や心拍数や消費カロリーなどのデータをオンラインで取得する事ができ、このデータを分析して、生活習慣病を防ぐように従業員にアドバイスしていく事ができるでしょう。健康管理システムを効率的に運用していくには、各種健康診断だけでは不足しており、それを補うのにウェアラブルデバイスは重宝します。

デバイスはファッショナブルなデザインになっていますので、どのような業種でも導入し易いです。常に従業員に使ってもらえる形であるのが望ましく、現在販売されている物はデザイン面・機能面で優れています。

日々の健康データを収集し、それを可視化していく事で、従業員はよりしっかりと自分の体の事を知る事ができます。ウェアラブル端末は持ち運び易さが抜群ですので、スマートフォンやタブレットのように大きく感じる事がなく、ヘルスケアにおけるパートナーとして最適な機能を数多く提供してくれます。

健康管理システムとデバイスによって健康維持がし易くなる

健康管理システムとウェアラブル端末の組み合わせは、健康を意識できる環境作りに最適ですが、これからもこの仕組みは進化し続ける事ができます。ウェアラブル端末の性能が向上する事で、より多くのデータをクラウドシステムやオンプレミスシステムにネット経由で送れます。グラフによる可視化だけでなく、全国的な平均値と比べて、普段の運動量は健康維持のために足りているのか、カロリー摂取が過度になっていないのかといった事を分析していく事ができます。

カロリー摂取と運動量のバランスが悪いと、生活習慣病になる可能性が高まります。それを防ぐには、肥満にならないように運動を促す事が大切です。適切な運動量があれば、肥満になる事がなく、生活習慣病にかかるリスクを下げる事ができます。健康管理システムで扱うデータは、自社サーバやクラウドサーバで一元管理されており、ウェアラブルデバイスから送信される各種データをオンラインで収集できるので、ウェアラブルデバイスと健康管理システムは、企業で働く従業員が安全に業務を遂行する環境を構築するのに役立ってくれます。

ストレスが多い現代社会で生きる現代人は、ストレスが原因で疾患にかかる事が増えています。ストレスも含めて、健康に影響を与えるデータをできるだけ収集し、データ分析する事で健康維持を行える環境を作っていく事ができるでしょう。

 

健康管理システムは、企業の従業員が健康に働ける環境を作るのに役立ちますが、ウェアラブルデバイスと連携させる事で、より効率よく対策を講じる事ができます。ネットでつながる事ができるこれらのシステムは、労働災害を防ぐために重要な役割を果たしてくれるでしょう。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧