【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムは無料期間を利用して比較しよう

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/15

働き方改革により、従業員ひとりひとりの健康管理を企業側が行う流れになり、健康管理システムを導入する必要性が高くなっています。一口に健康管理システムといっても、商品によりさまざまな特徴があるので、どのシステムを導入すべきか迷う企業担当者も多いはずです。その場合は無料期間を使って、自社に合うものを見つけることが大切です。

働き方改革の3つの柱と企業側が行うべきこととは

総務省の資料の中では、2000年に全人口の3分の2を超える労働人口は、60年後の2060年には半数以下に落ち込むことが予測されています。これは人口の減少によるものであり、仕事量が減るわけでなく、人の数が減るけれども仕事量自体はそれほど変わらないということです。つまり、ひとりひとりの負担が大きくなる可能性もあるわけです。

このような労働自体を見直すために取り組みが行われているのが働き方改革であり、働き方改革関連法の8法案が2019年4月より施行されました。この改革の中には制度そのものを支える3つの柱となるものがあり、企業側の人事担当者がやるべきことを、ここからくみ取る必要があります。その3つの柱とは、長労働時間の是正、正規・非正規の不合理な処遇鎖の解消、多様な働き方の実現です。

長労働時間の是正とは、残業時間の上限が規制されることを意味しており、平時の残業時間上限は1か月で45時間、特別条項付き36協定の利用時には、1か月の残業時間の上限は100時間に制限されました。この制限による規制は、大企業は2019年4月1日から、中小企業では2020年4月1日から適用されています。時間外労働の上限規制が強化され、違反時には半年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金といった罰則が科せられるため、現状の労働時間管理を実施できていない場合などでは、勤怠管理システムの導入を検討するなど労働時間管理そのものを早急に構築する必要性が高まっています。

働き方改革には健康管理システムの導入も必要不可欠

働き方改革の3つの柱の中で多様な働き方の実現がありますが、これはフレックスタイムの導入やテレワークなどのような時間や場所にとらわれずに働くための取り組みを意味するものです。企業側が導入した多様な働き方の実現においての第一位はフレックスタイムの導入、第二位は短時間勤務および短時間正社員の雇用で、全体の25%の企業が取り組んでいるといいます。短時間勤務の場合は別にしても、フレックスタイムを導入した場合、1か月の所定労働時間は従来と変わりはありませんので、健康管理を企業側が徹底することは大切です。

勤怠管理システムの導入と同じく健康管理システムを導入する企業も多くなっている中、自社でも導入を検討されているケースは多いといえましょう。従業員ひとりひとりの健康状態を把握する、健康状態が思わしくない社員がいたときには適切なアドバイスを行い治療に専念させる、これも企業側の義務の一つといえます。とくに、残業時間が多い社員などの場合は過労の疑いもあり、上限が決まっているからといって安心することはできません。

また、将来的には人口の減少により労働者の数が減り、一人当たりの負担も大きくなり健康状態の悪化のリスクも高くなると予想されますが、これを管理することは会社の責任の一つであり、健康管理システムの導入は必要不可欠なものといえましょう。管理はとかく工数がかかるもので、これを円滑に行えるようにするのが健康管理システムの特徴です。

無料お試し期間が設けてあるものが多い

一口に健康管理システムといっても、年間契約などの絡みからも簡単に他のシステムに変えることができませんし、導入においては膨大な費用がかかるので、簡単に決めることができないと考える企業担当者も多いのではないでしょうか。管理系のシステムを導入する場合、それぞれの企業にマッチするものを選ぶのがポイントで、他の会社が使っている評判の高いものを導入したが自社のスタイルに合わないなどのケースは少なくありません

ベストは、自社に合うものであるのか否かを見極めるために、無料のお試し期間で実際に使ってみることです。そうすれば、おおよその把握ができますし、操作性や工数がどのくらい必要になるのか納得した上で健康管理システムを自社のツールとして迎え入れることができるわけです。

最近は、クラウド型のシステムが増えているのですが、クラウド型の場合は自社のサーバーを使わないため、サーバーの管理者を配置する必要がなく、保守メンテナンスまで一貫して行ってくれるので、従業員の健康管理情報を入力もしくは閲覧をするだけで済むメリットがあります。

また、パソコンだけでなくタブレット端末やスマートフォンなどにも対応しているものは、従業員が利用するときにも便利な機能といえます。通勤途中や自宅にいるときなど、スマートフォンを使う頻度は高めなので、健康管理システムを導入する場合はこの辺も注目されるとよいでしょう。

 

働き方改革により勤怠管理や健康管理など、管理項目そのものが増えています。管理はとかく工数がかかるため、工数をかけずに管理を円滑に行える勤怠管理システムや健康管理システムが欠かせません。システムを導入する際には無料お試し期間を設けてあるものをいくつか選び、操作性など実際に使って確認するのがおすすめです。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧