【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

企業向け健康管理システムに必要な機能とは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/11


企業が成長していくには、企業で働く従業員が健康である事が重要です。しかし、従業員数が多い会社では、多くの従業員の健康管理を行うのはなかなか難しい事であり、効率的に行えるシステムの導入が欠かせません。企業向けの健康管理システムは、企業が従業員の健康管理を効率的に行えるようにする仕組みが数多く導入されています。

健康診断の結果のデータ管理とそのデータ分析

人間は長く生きていると、個人が好む物や習慣などが出てきます。その好みや習慣の中には、長年続けていることで特定の物質が蓄積していき、将来的に病気を引き起こす可能性があります。健康診断では、各数値を調べる事ができますので、塩分や糖分の取り過ぎなどを知る事ができます。糖分や塩分の摂取が多ければ、生活習慣病につながる事もありますので、生活習慣病を防ぐためにも健康診断による体の状態のチェックをしておく事は効果的です。

企業向けの健康管理システムの機能の一つとして、診断を受けた人々の個々のデータを入力・管理する機能があります。入力されたデータは、個人情報としてデータベースに登録され、そのデータを基にデータ分析を行えます。グラフ化すれば、数値ではわかりにくい内容であっても、視覚的に把握しやすくなります。

産業医は、適切に会社で働く従業員に対してアドバイスをする事ができ、従業員たちに健康の維持を促す事ができるでしょう。企業向け健康管理システムは、クラウド化されている事が大半であり、データを紛失してしまったという事が起こらず、安全に従業員の健康診断結果のデータを保管・管理をする事が可能です。健康チェックを行う事で、大きな病気を未然に防ぐ事ができ、企業にとっては人材を失わずに済みます。企業向け健康管理システムは、従業員が多いほど効果を発揮してくれます。

心身共に健康であるために役立つストレスチェック機能

現代人は、さまざまなストレスを受ける環境で生活をしています。仕事や人間関係から来るストレスは代表的なものでしょう。いろいろな病や精神的な病を引き起こす要因の一つでもあるので、ストレスを溜め込んでいないかをチェックしておく事は病気を防ぐのに効果があります。企業向けの健康管理システムには、ストレスチェック機能を搭載している物があります。

この機能では、従業員にアンケート形式で答えてもらい、システムに組み込まれているデータと照らし合わせる事で、従業員が抱えている苦痛・心痛の度合いを知る事ができます。産業医が従業員に対してアドバイスをする場合、食習慣や運動だけでなく、精神的な疲労に関しても言及していく事になります。

ストレスチェックは、各従業員が抱えているストレスを調べる事ができ、産業医はその結果に基づいて、ストレスの解消を促せます。業務によって精神的な疲労の度合いは異なり、それによって労働災害が起こる可能性があります。

ストレスチェックによって、精神的な疲労の度合いを知り、従業員に適切な労働環境を提供するように改善していく事で、企業は労働災害を未然に防ぐ環境を構築する事ができます。ストレスチェックは、現代社会に最もマッチした機能であり、これを活用し、受診率を高めていく事で仕事に対するモチベーション維持やスムーズな業務の遂行を行える精神状態を維持させられるでしょう。

産業医面談に関する機能とオンライン相談窓口機能の有効性

企業向けの健康診断管理システムには、産業医と面談に関する機能が備わっています。産業医と直に会って話をし、体や精神の健康について相談する事が可能です。病気になっている疑いがあるのかどうかをチェックして、もし、何らかの疾患になっているのであれば、産業医は従業員に対して、どのような診療科で詳しく診てもらえるのかをアドバイスできます。

産業医との面談をする際には、事前にスケジュールのすり合わせをしておく必要であるケースがあるので、スケジュール機能や予約機能は役立ちます。産業医面談に関する機能以外では、オンライン相談窓口機能があると便利です。従業員が相談をしたい時に、気軽に相談ができるような環境でなければ、なかなか相談をしないといった事が多々あります。オンライン相談窓口が設けられていれば、従業員が体と精神の健康に悩みを持っている時に相談がしやすくなります。

このように、企業向けの健康診断管理システムは、オンラインで相談ができる環境を提供し、企業が従業員の健康管理を行いやすくする事で、労働災害を防ぐ環境を構築しやすくしてくれます。企業向けの健康診断管理システムを導入する際には、データ管理やセキュリティだけではなく、相談がしやすくなる機能が充実していると、それだけ企業も従業員の健康面に配慮しやすくなります。クラウドタイプとオンプレミスタイプのいずれのシステムでも、これらの機能が提供されています。

 

企業向けの健康診断管理システムを活用する事で、企業は従業員の健康状態を把握する事ができ、企業で安全に働ける環境作りを行っていく事が可能です。データをグラフ化するなど可視化する事ができ、状況がより把握しやすくなるので、健康診断管理システムを導入するのは、従業員に健康に興味を持ってもらうのに有効でしょう。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧