【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システム導入で健康経営の第一歩

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/02

日々の健康管理は重要ですが、社員一人一人の体調を企業が管理するとなると困難を極めます。そこで登場するのが健康管理システムですが、社員の健康診断の結果から健康経営を可能となるよう管理をすることを目的としています。このシステムを導入することで企業側は、恩恵を受けることが可能です。ここでは、その恩恵について解説をします。

体調管理を一元化することが可能

企業を健康に運営することを目的とした場合には、社員一人一人の体調を一元で管理する必要があります。健康管理システムは、社員の情報を一元で管理することに秀でているシステムです。企業側は、社員の報告を待たずに健康診断の結果から社員一人一人の体調を正確に把握することが可能となります。

このシステムは健康運営を企業が行うことにおいて、健康診断の報告書の作成をスピーディーに行うことができるというメリットがあります。これはどういうことかというと、本来、健康診断の報告書の作成は、社員または健康管理を一任する者が制作しますが、システムがその業務を担うということです。健康管理システムの導入によって、企業側は報告書の作成をシステムに委託し、システムが作り上げた報告書を労働監督署に報告することが可能となります。

従来では、この一連の報告書の作成から労働監督署までの報告を第3者である人間がとり行っていましたが、システムを導入することで、自動的に報告書の作成・提出を行えるようになりました。もちろん、報告書の作成においては手動で紙面の健康管理データを入力することも必要になる場合が考えられます。自動での作成の他、手動で任意に報告書の作成を行うなど完全にデジタル化していない健康診断書においても対応できるように健康管理システムは考えられています。以上のことから、体調管理を一元で管理するためにシステム導入を進める利点があることがわかるでしょう。

システムはパッケージとクラウド型が主

健康診断書から健康管理を一任する健康管理システムですが、システム自体は、パッケージ販売されている製品とクラウド型による月額制が挙げられます。

この2つのシステムの利点については、パッケージ版におけるメリットは、買い切りであるためそのシステムを導入するだけの金額を支払えば、後は自由にソフトウェアが持つ機能を使用できるという点です。クラウド型については、健康管理システムを月額料金の支払によって使用するため、月額料金こそかかりますが、パッケージ版と異なり高額な導入費用が掛からないことが利点です。また、システムのアップデートや大幅な仕様変さらによる動作の安定性の向上の他、機能強化が図られるなど恩恵が多いでしょう。

両者ともに共通している点については、後にバージョンが上がることが挙げられており、パッケージ版においては新型のシステムが登場することが考えられます。クラウド型においては更新頻度によりますが、システムは新しく置き換わるので、両者ともにアップデートにより機能を向上させる点が共通しています。

どちらの購入がよいのかという問題については、資金面において、パッケージ版は導入費用が掛かりますが、費用を支払うことができれば後は自由に使うことが可能であるため資金に余裕がある場合はパッケージ版が効果的でしょう。会社が導入資金を払うことが難しい場合、機能を削除しての導入が可能なクラウド版が望ましいです。

恩恵を受けることができるのか

健康を一元で管理するソフトウェアの導入についてですが、大事なポイントは企業側がシステムを導入した場合において、従業員の健康経営を可能とするかどうかです。ここでいう健康経営は、会社の従業員すべてを対象とします。そのため、一部従業員の健康管理はできないなどの他、その他のファイルシステムに対応していないなどの理由で健康診断の結果をシステムに反映できない従業員が発生することはあってはなりません。社員一人一人を対象として、全従業員の体調を管理できなければ意味がないという考えが重要です。

その上で企業側は恩恵という形で、労働監督署への必要な書類作成時間を短縮できることになります。従業員の健康状態を把握できなければ、意味をなさないシステムに経費を費やしたことになってしまうでしょう。

重要なことは、システムがどの程度の規模の従業員数を管理できるか、管理する上でどのようなことを自動で行い何を手動で行う必要があるのかです。すべての業務を自動で行う場合において、障害となる物があるかどうかを把握することも重要でしょう。システムを導入する上で必要となる物やどのくらいの投資が必要であるかを企業が把握して、最適なシステムを導入することが従業員や企業側にとって大きなメリットになります。

体調管理システムであれば、どのシステムでもよいという考えでは導入する意味が半減してしまうでしょう。

 

体調管理システムを企業が導入する上ではメリットとしては、それぞれの体調を把握し、労働監督所に報告できることが挙げられます。その上で、必要なシステムの規模を把握し、全従業員の体調を管理することが重要です。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧