【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システム導入で従業員の健康意識を改善

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/13


健康管理システムの導入で、働き方改革などで企業の健康管理が求められている環境に対応できるようになります。すべての健康情報を健康管理システムによって、強固なセキュリティのもとで安全にデータ管理をできるようになるのです。検診予約から事後措置までを実施できるので、健康診断サポートから健康労務管理まで一元管理できます。

従業員の健康対策や健康管理を行うことの重要性

2019年から順次施行されていく「働き方改革」は、働く人の抱える問題点や課題を解決するための制度になります。国が実施する重要施策として職場への浸透が必要です。長時間労働有給休暇を取得できないなどさまざまな問題解決を図っていく必要があります。健康対策や管理を適正に管理していくために、情報の一元管路は避けて通れない問題です。

個々の対策や個人の情報をもとにしたストレスチェックの実施や働き方を考えていくことが重要になります。「長時間労働」の是正や多様で柔軟な働き方を実現するためには、企業側が従業員の労働時間や健康を管理することが必要です。健康的に働ける環境を整えるための環境づくりをすることが重要です。

健康に対する意識改革を進めていく必要があるのです。イメージアップや人員不足の解消などを目的にし、健康で働ける環境づくりをはじめている企業も多くなっています。従来紙ベースで管理していた健康データの管理を、健康管理システムの導入によって一元管理することが求められているのです。

「働き方改革」は、現場における実際の健康管理や検診などをデータベースにすることで見える化を推進できます。適切な現況を把握するためには、実際の健康管理がどのように実施されているのかを明確にする必要があるのです。一元管理されていなかった健康情報をシステム管理することによって、企業の「働き方改革」への取り組みが変わってくることが期待できます。

健康管理システムによる健康対策の推進の問題点

国をあげて「働き方改革」を健康管理や維持について取り組むようになっても、思うように健康管理の体制を整えられていないのが現状です。健康管理に対する管理は、検診予約からその後の対応まで人手がかかる作業で個々の従業員の状況が必ずしもしっかり把握されているとはいえませんでした。ぎりぎりの人員でまわしている部署にとって、健康管理の作業にだけ人員をあてるわけにはいかなかったのです。

また、従業員側にも健康意識に個人差があることがわかっています。健康維持や健康管理といっても、人それぞれによって意識が異なるために必要な措置を提案しても全員がそれを履行してくれるわけではありません。むしろ何から健康推進の対策をたてたらよいのかわからないのが現場の実情です。

このような状況を変えていくのに、企業向けに開発されている「健康管理システム」を導入することは有意義になります、なによりメリットといえるのは、従業員それぞれの健康にかかわるデータを一元登録、管理することで無駄な作業を省くことができるようになることです。

検診結果をデータベースで管理することで、個々の従業員の健康状態を適切に管理できるとともに個々の問題点がはっきりしてきます。検診の報告書もスピーディに医療機関とやり取りできるようになるのです。過去のデータを検索すれば、健康を一元的に管理することも可能になります。

従業員のデータ管理で得られるもの

「健康管理システム」を導入すれば、従業員に義務付けられている検診をスピーディに管理できます。健康管理の報告書作成など手書きで実施していた、企業と産業医とのやり取りをデータベース化することで健康診断のスケジュール管理をITで管理できるようになります。「健康管理システム」を利用すれば健康診断の結果報告書を作成する作業が簡素化され、問題点を企業・産業医ともにより早く把握できます。

少ない人員で、書類の作成を省くことができ結果報告も簡単に登録しておくことができるのです。運営上も簡素な形で対応できるので、本来の目的である従業員の健康増進に対する対策を実施しやすくなります。従業員の健康状況を一元管理することで、人事・総務という管理部門の作業軽減を図ることができるのです。

個々の従業員の健康に関するサポート体制を充実することも可能になります。従業員のデータ管理を活用することで、従業員の健康状態を可視化でき、客観化したデータに基づいて自分の健康に向き合うことができるようになります。低かった健康に対する意識を改善する効果もあるのです。企業は、国の要請する労働環境の整備や健康増進に対する取り組みを前向きに実施できます。一括管理を実施することで職場の課題を企業サイドが把握しやすくなる点もメリットとしてあげられるのです。

 

「働き方改革」の実施など企業の従業員の健康管理の整備が早急に求められています。「健康管理システム」を企業が導入することによって、従業員の健康対策の問題点を把握して改善することが可能になります。個々のデータを一元管理することで本来の目的である健康管理がやりやすくなるのです。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧