【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システム導入のメリット

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/11/11


昨今、働き方改革が進む中企業にとって社員の健康管理は喫緊の課題となっています。そんな企業の健康管理をスムーズに進ませてくれる方法の1つが、ITを使った健康管理システムの導入です。そこで今回、健康管理システムの基本と、導入のメリットについてお話しします。

そもそも健康管理システムと何ですか?

簡単にいえば健康管理システムとは「従業員それぞれの健康データを一括で登録し、管理するためのITシステム」といえます。現在、企業には従業員に健康診断を受けさせることが義務となっていますが、その結果をすべてまとめて書類を作成するのには多くの手間が必要でした。

仮に何かしらの間違いが確認された場合には、紙媒体の山の中から該当書類を見つけなければいけませんし、場合によっては0から書類を再度作成しなければいけないこともあります。しかし、ITに切り替えてしまえば修正から登録まで一瞬の間に完結できるという点で大きいメリットが見込めます。遠隔地にいる様な場合であっても、オンラインならば書類発送の時間を大幅に短縮できますし、必要に応じて同じ様な状態にいる人達をカテゴリー毎にまとめて作業効率を大きく上げることも不可能ではありません。

健康管理システムはさまざまな会社が提供を行っているため、事前に自社の都合と合ったシステムなのかは調べておく必要があります。他にも一見すると便利であったとしても、システムを切り替えるまでの移行期間には、一定の初期投資はどうしても見ないといけません。紙媒体からITに切り替える際に、登録内容に間違いがないかの確認やスタッフへの丁寧な説明も必要不可欠となります。しかし、その分をデメリットとして差し引くとしてもメリット面がとても大きくなりますので、導入を検討してみるのも1つの選択肢といえます。

健康管理システムのメリット

1番大きいメリットは「書類作成に掛かっていたすべてのコストが大幅に削減されること」です。労働基準監督署に提出する報告書等も簡単に作成できますし、紙媒体の保管場所の確保の必要性も大幅に減ります。つまり、維持管理費に掛かっていた資金なり人員なりに、大幅な空きができるということでありその分を会社の他の部分に回すことができます。

他にも「従業員の健康状態があらゆる意味で可視化されてわかりやすくなること」も見逃せないメリットといえます。従来の健康管理では、健康診断の結果が書いてあったとしても従業員がその結果を活かせるとは限りませんでした。

「数字の結果が何を意味しているのかがわかりづらい」「悪いと書いてあったとしても、その後でどういう対策をしたらよいのかわからない」など、せっかく結果があるのにそれを活かせないことも少なくありません。

しかし適切な健康管理システムを導入すれば「平均的な数字がどの程度であり、自分が現在どういったカテゴリーにいるのか」といった点がわかりやすく確認できる様になります。他にもすべてのシステムに導入してあるわけではありませんが、病気の兆候があったとしてそれを改善するにはどういった対策を採ったらよいのかということが即座に表示される仕様でしたら、社員は次の行動を取るのに迷わないで済みます。意味がわからないための不安や、物事を安易に楽観して病気の悪化を防ぐという意味で、とても大きい意義があります。

労働環境の改善という意味でも大きいメリットがある

社員の健康状態が可視化されるということは、職場の課題を発見するという点でも大きいメリットがあります。問題が起きそうな社員を1人ずつ発見して事前に手を打っていくというのもよい使い方ですが、たとえば1つの部署で同じ様な病気を抱える人が何人も出ているという事は、その部署には管理上何かしらの改善を要する問題があると見る事もできます。

人間関係的な面から来るストレスという事もありますし、座り仕事や立ち仕事が極端に多い事から来る足腰の不調等という事もありますが、個人単位ではなくて部署単位で改めて内容をチェックして次手を打った方がよい様ケースも少なくありません。どうしても一定以上の予算が必要になったり、多くの意味でコストを掛けなければいけない結果になる事もあります。

しかし、少子高齢化が進む昨今優秀な人材をしっかり確保しておくという事は企業が生き残る上で重要な課題となります。離職率を下げるという点で、健康管理システムを使う事を考えるのも生存戦略として悪くありません。

ただ、唯一注意点があるとするならば「可視化された物がすべてであると妄信しない事」です。状況というのは日々動く物ですし、健康診断とは「特定の項目を調べた結果」でしかありません。その部分から漏れてしまう問題も当然出て来ますし、人間である以上、問題があってもいい出せないままだったという様な事も当然あります。その点を勘案するならば、システム外のフォローアップの方法も常に話し合っておくと堅実です。

 

健康管理における書類作成の手間が、大幅に減る事がメリットの筆頭に出ます。他にも健康診断の結果がよりわかりやすくなるということや、職場の環境改善に利用できるという面でもシステムの導入には大きいメリットが見込めます。ただし、何らかの死角が生まれる可能性は決して否定できませんので、その点には気を配る必要があります。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧