【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムの運用の流れと活用法

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/16

企業が事業活動を行ううえで欠かせないのが社員の健康管理です。社員が健康に働くことができる環境があって初めて、効率的な事業活動も可能になります。社員の健康管理に気を配っている一流の企業で導入されているのが最新の健康管理システムですが、ここでは健康管理システムの運用の流れや、活用方法について紹介します。

従業員ごとのカルテの作成と管理

健康管理システムを導入することによって、企業で働く従業員の健康管理をまとめて行うことができます。健康管理システムを運用するにあたって、まず行われるのが、社員ごとのカルテの作成です。システムではデジタルデータとして、従業員ごとの健康状態を記載したカルテを作成しますが、電子データとして登録することで、従業員ごとの検索も簡単にできるようになっています。

システムでは従業員の健康に関する情報を一元的に管理しますが、それぞれの従業員の職務内容と関連させて健康状態のデータを調べることもできます。データを一元化することで、運用面においてもさまざまなメリットがあり、従業員の健康管理を担当する職員の仕事量を減らすこともできます。紙の書類のように必要な情報をファイルし直したりする必要もないので、不要な紙を使用しなくてよいこともメリットです。

健康管理システムを運用すれば、従業員の精神的な健康管理も容易になり、仕事が原因となっているストレスの有無も調べることができます。システムを利用して従業員が簡単なストレスチェックを受けられるようなシステムもあり、自分では自覚症状がない従業員のストレスを発見することもできます。ストレスチェックを行っていない従業員に、メールを送信してチェックを行うことをすすめる機能のあるシステムもあります。ストレス診断を分析できる機能を持ったシステムを利用すれば、会社全体の健康管理にも役立ちます。

健康診断を行ったときの情報管理

企業が健康管理システムを運用する場合に、従業員の健康を管理する重要なポイントとなるのが、健康診断の記録の管理です。従業員の健康状態を把握するためには定期的な健康診断の実施が不可欠ですが、健康診断で測定されたデータを健康管理システムで一元的に管理することにより、効率的な情報の管理ができます

社員ごとに健康診断の情報をまとめてデータとして保管しておくこともでき、同じ社員の健康状態の変化をシステムでも確認できます。データとしてそれぞれの従業員の健康情報を分割して管理することにより、健康状態に問題がある従業員を発見して適切な対応をとることも可能です。健康診断のデータは大切な個人情報でもあるために、安全な運用のためには適切な管理が必要になりますが、健康管理システムの中には優れたセキュリティ機能が搭載されているシステムも多いため、安全に健康診断の情報を管理できます

紙に書いた健康診断のカルテを保管する場合には、必要なときに書類を出し入れするのも面倒になりますが、管理システムを運用してデジタルデータとして保管しておけば、いつでも必要な情報を簡単に探すことができます。紙に記載したカルテの場合は書類が紛失する可能性もありますが、管理システムに保管されている健康診断のデータであれば紛失する心配がないので、長期間情報を保存する場合にも適しています

就業判定にも活用できるシステム

健康管理システムを運用することで、従業員の就業判定にデータを活用することもできます。従業員が安全に仕事をできるようにするためには、健康診断のデータなどを活用して健康状態を常に把握しておく必要があります。健康状態に問題がある従業員は就業を停止させることで、状況の悪化を防ぐことが可能です。健康管理システムではデータをもとに専門の医師が、就業できるかどうかを判定してくれるため、社員が安全に働くことができる体制を作れます。

就業の可否以外にも、データからさまざまな判定ができるシステムもあり、もう一度健康診断をした方がよい従業員の判定ができる機能を持つシステムもあります。健康管理システムを運用することで、健康状態が疑わしい従業員のデータを医師に送って確認してもらう手間も省けるので、効率的な社員の健康管理ができるのです。

判定までの時間も短縮できるので、健康状態の悪化した社員の治療のためにも有効な方法といえるでしょう。健康管理システムを運用することにより、健康状態に問題のある従業員と面接する場合にも、システムの機能を生かすことができます。面接をする必要のある従業員の登録などもシステムを使用すれば簡単に行うことが可能で、面接のための通知も電子メールを使って送ることができます。面談の記録もシステムを利用して保存できるので、医師との情報の共有もしやすくなります

 

従業員の健康管理をするために健康管理システムを導入している企業もありますが、システムを運用するにあたっては、まずカルテの作成が必要です。健康診断の結果を一元的なデータとして管理することも可能で、就業判定のために活用することもできます。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧