【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムの比較ポイント

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/13


人材不足や働き方改革などの影響で、自社の従業員の健康を管理することは経営にとって必須事項となっています。その中で注目されているのが健康管理システムです。社会情勢のニーズを察知して、さまざまな種類の健康管理システムが販売されていますが、導入する際にはどの点を比較検討できるでしょうか。

健康管理システムを導入する前に自社の必要を熟慮する

一口に健康管理システムといっても、今ではたくさんの製品が世の中で販売されているため、自社に必要な製品を見つける努力が必要です。そのためにまず大切なのは、自社が抱えている問題を明らかにし、その問題を解決できるシステムの導入が成功のカギとなります。では具体的にどんな点が社内の課題として上がりやすいのでしょうか。

まずは、健康管理の側面です。企業には従業員の健康を増進し、それを維持管理する義務があります。そのために必要な手段として、健康診断がありますが、健康診断に加え、メンタルヘルスへの取り組みも企業の義務とされています。そのため、企業は健康診断を受けていない人やストレスチェックなどを実施していない人を可視化し、従業員に受診するよう積極的にアプローチすることが必要となります。

また、健康管理に関しては、労働安全衛生法の改正などに伴い業務が複雑化し、担当する人事や総務などの部署の業務負担が増える傾向にあります。少ない人数で煩雑なデータを扱うと、ヒューマンエラーなどが発生し、健康指導や受診勧告を行うべき事態を見逃し、結果として従業員の健康に重大な影響を与える場合があるため、業務負担の軽減はシステムに求めたい事項となるケースが多いようです。

従業員の健康管理は、突然の入院や過労死などのリスク管理の面でも重要ですし、医療費削減など行政の意向ともマッチするため、重視したい事項です。

自社のシステムとの協調性や使用感を重視する

自社の健康管理やリスク管理の面での弱点を知ることができたならば、それらの問題を解決できる機能がある製品を導入するために比較・検討する準備ができたことになります。多機能な健康管理システムを導入すれば問題を解決しやすいですが、それ以上に重視したいのが、すでに稼働している自社システムとの連携です。

とくに自社で保有している人事データと連携して運用できれば、健康管理を担当する部署の業務負担も減りますし、二重に入力するなどの手間やそれにともなうヒューマンエラーを防ぐことができます。ヒューマンエラーという点で考えると、実際に健康診断などの情報が入力された場合に、情報を自動判定して健康状態への懸念がある人の洗い出しが容易にできるシステムが使い勝手がよいと判断できます。

また、残業時間が多い過重労働者を発見するのには、人事で把握している労働時間データとの連携は欠かせません。過重労働に関しても、一定時間が超過した場合にアラートが出るなどの仕組みが付与されていれば、従業員の健康リスクを未然に軽減できるはずです。

事務的な業務の面では、労働基準監督署などの行政機関に提出する資料は多岐にわたりますが、それらのデータを決められたフォーマットに沿って出力できる仕組みが充実していれば、担当者の負担が減るに違いありません。それで、実際に業務を担当する方々にとって、使いやすいシステムであることが重要です。

コストパフォーマンスのよい製品を選ぶ

販売されている健康管理システムは、多くの場合、パッケージ型とクラウド型にわかれます。パッケージ型の価格は高くなる傾向にあるものの、自社に合わせたカスタマイズが可能なため、とくに大企業などで導入されるケースが多いようです。また、クラウド型の健康管理システムは、必要な機能をチョイスできることと価格を抑えられるメリットがあるため、とくに中小企業が導入するケースが多くなっています。

チョイスできる機能として魅力的に映るのが、特定保健指導とスケジュール管理機能です。特定保健指導では、一定年齢以上の従業員に行う生活習慣病に関する健診結果から、自分自身の健康状態を把握しつつ、生活習慣の改善を促すための支援が必要になります。そして、とくに動機づけ支援や積極的支援を必要とする人の管理が大切です。

また、スケジュール管理では健康診断計画を立て、受診者にメール連絡する機能が付与されているものがあります。これらの機能があることで、担当者が業務に割く時間を軽減し、より効率的に健康管理に資する業務ができますが、このようなオプションサービスには注意が必要です。

オプションサービスは魅力的なものが多いですが、よさそうなものをすべてチョイスしてしまうと、ランニングコストが大幅に増加します。それで、かかる費用と機能のバランスを考えることが大事になります。さらに、設定・導入までの時間的・人的コストにも注意してシステム選びをすることが大切です。

 

健康管理システムを導入する前には、自社で問題点となっているポイントを見極め、問題解決に必要と思われるものを重視してシステム選びをすることが大切です。システムを選ぶ際には、すでに使用している自社の基幹システムとの連携や担当者の使用感、イニシャル・ランニングコストを考慮することが成功のカギとなります。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧