【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムの価格目安は?安くする方法はある?

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/15

ここでは、健康管理システムの価格目安や安くする方法について紹介します。価格は、主に小規模タイプだと1アカウント約300円から400円で、大規模タイプで1アカウント約200円です。企業の大きさにより、月額20,000円から100,000円が目安になります。安くする方法は、最適なプランを選ぶことです。

健康管理システムのメリットとは?

ここでは、健康管理システムを導入することの3つのメリットを紹介します。まずは、営業工数減らすことができます。紙の書類やExcelに保存されている健康情報をきちんと管理することが可能です。健康管理システムを使用すると、書類を郵送したりファイルしたりする必要がないため、複雑な作業工数を減らすことができます。

次に、コンプライアンスを徹底できます。従業員数が500人を超える企業では、支店や部署によってはミスが発生しやすく、法令遵守を徹底しています。管理者向けのダッシュボードを活用することで、健康管理やリスクの高い人の進捗状況を視覚化できます。

他には、健康管理システム強化できるという点です。経済産業省のデータによると、企業の健康管理システムが就職活動の基準となるケースが増えています。健康管理システムを通じて作業効率を向上させることにより、健康管理システムの強化につながる高価値の仕事に移行することが可能です。つまり、個人的にも健康リスクの低い人の方が昇給や出世につながりやすいということになります。某大統領や企業の社長でも、お酒やタバコも嗜まない人が増えているみたいです。

健康管理システムは今回のようなコロナやその他の災害が起きたときに、政府に報告するために役立てることができます。普段から社員の健康状態を把握していれば、今回のような騒動もある程度は防げるからです。

健康管理システムの価格の目安は?

月額料金は大規模タイプが主にクラウドタイプを使用し、500人以上の企業に対応することが多いです。この場合は、1アカウント200円が相場となります。500人分の管理を行う場合は、月額100,000円の費用がかかります。少人数タイプで50人程度なら、オンプレミスタイプで1アカウント300円から400円くらいが相場となります。つまり月額にすると約15,000円から20,000円前後です。こうして見ると、クラウドタイプがかなり割安に感じます。実際にクラウドの方がコストもかかりませんし、企業としても安く提供できるという訳です。

これらはあくまでアカウントの使用料なので、サーバー代金やサービス料金は別途必要です。これは、サーバーをレンタルして各種サービスを展開するときと同じです。そのため、実際には見積もりを出してもらう必要があります。

対策としては、複数の会社から見積もりをもらうことです。最初からよさそうな会社を決めておき、価格を比較するのがよいでしょう。価格が多少高くても、多くの企業実績があったり使い勝手がよければ、長期的にみれば得になるので価格より機能で選ぶのがおすすめです。

機能は各社で異なり、どの機能を重視するか先に決めると、不要な機能も分かりやすくなります。利用する機能を最低限にすることで、無駄な出費も抑えることができます。まずは、各会社のサイトを見てみることをおすすめします。

クラウド型健康管理システムの機能を紹介

ここでは、クラウド機能のリストを紹介します。ダッシュボードとは、各情報を一覧表示にして見ることができる画面です。これは、システム利用者が一番多く見る箇所でしょう。ヘルスケアスコアは、各健康管理業務の実施状況を100点満点で算出できます。これによって、社員の健康スコアの把握が可能です。

診断結果の入力は、健康診断結果をCSV形式でアップロードできます。政府が保管する健康データは、最新のXML形式です。そのため、今後は形式が統一されることも考えられます。2段階認証はIDとパスワードの入力に加えて、スマートフォンを使用した2要素認証を実装しました。つまりスマートフォンの持ち主しかアクセスできないため、プライバシーの徹底に役立つでしょう。この機能は、近年さまざまなシステムに取り入れられています。

仮にスマートフォンをもっていない場合でも、SMSアカウントは1アカウントから購入可能です。アカウントを購入すれば、スマートフォンを持っている人と同じ機能を利用することができます。プライバシーが侵害されないために、クラウドへのアクセスを自分のネットワークに制限し、社外からのアクセスをブロックすることが可能です。この機能を使用するには、固定IPを取得しましょう。健康管理システムに一つの固定IPを割り振ることにより、社内であっても特定の人しかアクセスできないため、セキュリティ面で安心できます。

 

ここまで健康管理システムについて説明してきました。前の見出しで書いた固定IPは、インターネットプロバイダーの契約なので健康管理システム以外にも経費がかかります。そのため、システムの導入には、複数の企業との連携が必要になるので、きちんと信頼できる業者を選ぶ必要があります。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧