【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

クラウド型健康管理システムの月額料金やオプションを調査

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/15

一般企業もある程度の規模に達すると健康管理システムの導入を検討するようになります。しかし大規模になるとクラウド型のシステムを検討するようになるのは、一元管理のために有効な方法であるからに他なりません。クラウド型のメリットは実際に利用することで実感することになるでしょう。数多くの情報が組み合わされ、非常に便利になります。

クラウド型は数百人からの使用が基本

クラウド型の健康管理システムは、中規模以上の企業にとってはスタンダードな選択肢になりつつあります。1アカウントごとの月額費用が生じるタイプの契約が多いのですが、それに見合うだけの効率化が期待できるものも少なくありません。産業医の選任義務がない規模の会社であれば紙での管理でも不可能ではありませんが、規模が大きくなるにつれて手作業での管理には限界があるということを知ることになります。

そのような場合最初に選ぶことになるのはスタンドアロン型のシステムで、このシステムに慣れていると1アカウントあたりの料金体系が高く感じてしまうこともあるかもしれません。しかしながらデータを紛失してしまうリスクなどを考えなくて済むなど、利用者側も安心して業務に取り組めるというメリットも存在しています。1アカウントごとの維持費がかかるのは、ある種の保険でもあると考えればそれほどおかしなものではありません。

サービス内容によって料金体系が大きく異なりますが、クラウド型の場合には1アカウント数百円程度が相場となっています。契約初期の段階に初期費用として一定の投資を行うほかは、基本的に1人いくらという料金体系で月額料金がかかることになるのが一般的です。この料金体系で納得ができるだけのサービスを利用できるのが、健康管理システムの実力であるといえるでしょう。

産業医活動の支援やストレスチェックに対応するものもある

健康管理システムと聞いて多くの人がイメージするのは健康診断の結果に関するものであると考えられますが、実際にはさまざまな情報を一元管理することが可能です。健康診断の結果は勤務実績と紐付けて確認することが重要であり、労務情報との連携は必須です。そのような情報産業医が確認しやすい仕組みも大切であり、どのように健康管理のための業務を行うかを具体的にイメージしていることが求められます。

産業医活動に関連するのであれば、医師が必要とする情報を可能な限り速やかにまとめることが求められており、そのために必要な機能が健康管理システムに備わっていることがとても重要です。もしもそうでない場合には、産業医の要求に対応できるような柔軟性を持っていることが、システムに要求されるでしょう。このような作業を簡略化してくれないのであればシステムに意味はないのです。

一方、2015年から始まったストレスチェックは、現在ではすべての事業者が従業員に対して実施する機会を設けることを義務づけられた新しい制度です。このような対応についても、柔軟に応じることができる仕組みがすでに搭載されている健康管理システムも少なくありません。安全衛生の分野は法改正も多くの頻度で行われているため、適切な対応ができるように努める義務があります。健康管理システムを導入するのであれば、必要な情報は自動的に更新されるでしょう。

クラウド型なら効率よく最小限のスタッフで管理可能に

ビジネスが大きくなれば会社も大きくなります。そしてそのサービスが広がっていけば、複数の拠点で仕事をする機会も増えていくでしょう。そのような場合にクラウド型の健康管理システムは非常に有効です。初期費用と1ライセンスあたりの月額料金で管理できる情報が、セキュリティーがしっかりしている条件下においてオンライン上で参照できる仕組みが存在している事は非常に大きいです。

サービスによっても異なりますがおおむね数百人以上の規模になれば、クラウド型のサービスを利用することが推奨されます。従業員の数や拠点の数が多ければ多いほどクラウド型の恩恵を受けることができます。それらの情報を活用して仕事をする産業保険に関連する職種の人は、すべての情報を一元管理されることについては非常に恩恵を受けることになります。

クラウド型のサービスは月額料金という形で毎月継続的にお金を支払わなければなりません。そのため割高に感じてしまうこともあるでしょう。しかしながらクラウド型はメンテナンスコストを別途考える必要がない点が大きな特徴です。データベースの情報が失われないように意識を払う必要がないということは、管理者の視点から非常に大きな要素です。このような数多くのメリットを目の前にしたとき、クラウド型のサービスが必要とする月額料金について大きな問題であると疑問を感じる人は少なくなっていくでしょう。

 

クラウド型の健康管理システムは規模が大きくなった事業所の対応に適した形となっています。基本料+1ライセンスあたりの料金という形で毎月コストがかさんでしまう一方で、人員削減をできる魅力的な仕組みであるということもあわせて理解しておきましょう。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧