【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システム導入の目的を知ろう

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/15

昨今、少子高齢化の影響などもあり働き方改革が企業にとって喫緊の課題となっています。その中で、社員の健康維持を目的とし、健康管理システムの導入を決定する企業も多くなってきました。ただ、企業によって事情もいろいろと異なるため、運用において注意点があります。本記事では、健康管理システム導入する場合の目的について説明します。

健康管理システムとは何か

健康管理システムとは、会社が行っていた健康診断等の結果を一括で記録しておけるITシステムのことです。それぞれの会社の製品毎に差別化がされており、自社の事情に一致した物を導入しなければいけませんが、大まかにはクラウド型とパッケージ型の2種類があります。クラウド型の方は何かしらの更新プログラムがあれば、会社がアップデートしてくれるタイプであり、パッケージ型の場合はそのソフトで完結しているケースが多いです。

またシステム導入の目的ですが、1番大きいメリットは、健康管理に関する人的及び資源的コストが大幅に削減できることです。健康診断をしたとして、手作業でデーターを書類にまとめるのは多くの時間が掛かります。場合によったらデーターの記載間違いもでてくるうえ、以前の記録を参照したい場合には紙媒体を1から検索しなければならないという問題がありました。さらには、記録が古かった場合には人力だからこその問題として字が読み難い場合や、書類が紛失してしまいどうしようもないということも珍しくありません。

しかし、健康管理システムですべてIT化してしまえば、間違いがあれば即座に修正できますし検索の方でも一瞬で済みます。導入システムにもよりますが、健康診断の結果に関して他所の人との平均値で、自分が現在どの程度の状態に居るのかといった点を見やすくして書類にすることも可能です。迅速な対応ができる様になれば、管理する会社側としても、管理される社員側としてもどっちにも大きいメリットがあります。

健康管理システム導入における注意事項

まず、会社の実情に合った丁度よいシステムを選ぶのが最重要課題となります。たとえばトラブルがあったとして、その復旧にシステム提供の会社が24時間365日で駆け付けてくれるかといったポイントは必ず見たほうがよいでしょう。通信サーバーや顧客情報を一括で扱うシステムがダウンした場合は、即座にすべての業務に支障が出る様なシステムではないですが、年末年始や土日などでもサポートがある方が安心です。会社によっては、そのときに動かないと困るというようなケースも出てきてしまうかもしれません。

クラウド型でしたら、データーのバックアップがサーバー設置会社内にしてあるので基本的に心配ありませんが、パッケージ型の場合も含めて技術スタッフが来てくれるか否かは必ずチェックしておくことをおすすめします。中には、型落ちのシステムが中古で出ているようなこともあるかもしれませんが、物によってはメーカーサポートの有効期限がずっと前にきれているような物もありますのでそういう物は避けた方が無難です。

第2のポイントは、紙媒体からITに切り替える際に移行期間に余裕を持って設定することです。紙の内容をITに移すには一定の手間が必要になります。内容に間違いがないかを確認しなければいけませんし、記録を移し終わった後の紙媒体の管理の方もいろいろと思案しなければいけません。スタッフが新しいシステムに慣れるまでのサポートの方も考慮する必要があります。

健康管理システムの利用方法

健康管理システム導入の最大のメリットは、社員の健康管理とそれにともなうコストの大幅な削減ですが上手く使えば会社内の環境改善に使うことも不可能ではありません。特定の部署にある症状を持った人が多く出るのであれば、その部署には何かしらの問題が存在していると見ることができます。

わかりやすい所では、長時間立ち仕事や水仕事などで足腰や手にダメージを受けている人が多い場合、仕事の内容自体を変えるのは難しいとしても、休憩場の設置や業務ローテーションを変えたりすることでダメージの軽減を図ることは充分に可能です。他にもストレスチェックで引っかかるスタッフが続出しているのであれば、何が問題になっているのかヒアリングし、組織改善ができる目算もできます。無理を重ねてしまい体に影響が深刻に出てしまう前に、特定のスタッフを業務命令として休ませることも利用次第でできる様になります。

しかし、健康管理システムの問題の可視化能力に頼り過ぎてしまえば、システムに項目化されていない部分で問題を抱えている人が見逃されてしまう可能性も出てきてしまいます。システムには問題がある人に改善のための方法をわかりやすく示してくれるだけでなく、他にも多くの機能を兼ね備えていますが人間相手である以上絶対はないでしょう。仕事の段取りや対人関係の問題で、言いだせないだけの可能性もあるうえ、数値化されていない部分で急に病気が進行してしまう可能性もあります。そういった点を勘案するのであれば、システム導入と同時に、従業員とのコミュニケーション方法なども一緒に考える必要があります

 

健康管理システム導入の目的は、健康管理に関する人的及び資源的コストを大幅に削減することです。クラウド型とパッケージ型で差異があるうえ、利用する際の注意点は少なからずありますが、コストが減って利便性が高まれば最終的に社員と企業両方に大きなメリットを享受することができます。少子高齢社会の昨今、離職率を下げるという点でも導入を考えるのは、1つの経営戦略といえます。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧