【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

中小企業こそ健康管理システムを導入すべき理由

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/13


すべての企業にとって労働者の健康管理は雇用者側の義務として定められています。そのため適切に管理していることが大前提であり、対応をしていない場合には法令違反になる場合もあります。そのような問題は企業が大きくなる過程で生じるものですので、早い段階で健康管理システムの導入について検討することが必要になります。

中小企業に健康管理システムは必要か

中小企業に健康管理システムは必要か、答えは経営者によって異なります。法令上必要なものであるということを理解していないケースは少ないといえますが、限られた予算の優先的な投資先になるかどうかはまた別であるといえるでしょう。従来型の管理では、紙媒体で収集した健康管理情報を収集するというものであることがほとんどですが、それでは検索性が弱く必要な時に必要な情報を調べるのに手間がかかってしまいます。

それに不便を感じた時こそが健康管理システムの導入のタイミングであるのかもしれません。一般に中小企業といっても、その規模はさまざまです。ある程度経営が安定してこれ以上の成長を希望しないという段階であるのであれば、無理に健康管理システムを導入しなくてもよい場合も少なくありません。

しかしながら中小企業がより大きく成長していこうとする場合には労働者の健康管理上、専門的な健康管理システムがなくては管理しきれないという状況が生じる可能性は極めて高いでしょう。毎年の健康診断の結果については、雇用者側が適切に管理して健康の維持に努めなくてはならないことが法的にも定められています。しかし、そのための基礎情報を容易に調べることができるような状態で管理していないということであれば、大きな問題に発展していくこともあり得ます。このような仕組みであることを理解しておくことは大切です。

健康管理システム導入のメリットとデメリットについて

中小企業がいざ健康管理システムを導入しようかと考えたときにハードルとなるのは、一般的にコストであるといわれています。最初の段階では検査結果などをエクセル情報として管理運用するなど、できるだけ手間のかからない方法を考えることになりますが、この背景にはシステムの構築にそれなりのコストがかかることが挙げられます。これは一般的にシステム導入のデメリットとして受け止められます。

労働者の健康管理にかかわる労働安全衛生法は更新される頻度も多く、その都度健康管理システムを更新していく必要性に迫られることもあります。そのため非常に手間とコストのかかるものである一方、いったん導入してしまえば大勢の健康管理を一つのデータベースで行うことができるようになりますので、作業効率は飛躍的に上がります。

このことにより圧縮される人件費がどの程度であると見積もられるのかが、メリットの大きさをはかるための物差しとなるでしょう。健康管理システムを導入する目的は、健康管理にかかわる情報を整理することによって関連業務の負担を大幅に軽減することにあります。それが実現できるかどうかによって価値が判断されることになる仕組みを持っています。そのため健康管理システムの導入に関してメリットとデメリットのどちらが大きいかについては、その会社の状況によって変動するものであるというのが現実です。

健康管理システムの導入による作業効率化は極めて高い

結論からいってしまえば、会社が大きく成長していくにあたって健康管理システムの導入は不可避となります。企業が大きく育ってから各種システムを導入する場合には、極めて大きな費用が必要になってしまう場合が多くなります。しかし、小規模の段階から準備を進めておくことにより、適切に健康管理を行う社内の仕組みづくりを進めていくこともできます。

このような理由がありますので、今後の成長を考えるのであればシステムの導入は重要なポイントになります。より小規模な段階でのシステム導入がおすすめである理由としては、使いやすいシステムにしていくためのカスタマイズにもあります。多くの場合、健康管理システムへの期待の中身は会社ごとに違います。

そして、パッケージで用意されている内容だけでは不充分であるというのが現実なのです。そのため、規模が小さいうちから試行錯誤を行いながら作っていくことが、使いやすいシステム設計を目指すためには重要です。

健康管理システムがうまく機能した場合の作業効率の上昇は目を見張るものがあり、誰もが正確な作業を素早く行うことができるようになります。このような効果を将来的に期待しているのであれば、可能な限り早期に取り組むべきでしょう。最初から思っていたような便利な仕組みが手に入るとは限りませんので、自ら作っていく姿勢が求められます。

 

健康管理システムは一般に高価なものである一方、使用規模によってコストの変動があります。中小企業のうちに導入して回収を行っていけば、いざ会社が大きくなった時に使いやすく便利なものが仕上がるでしょう。そのことによる作業効率の上昇は非常に大きなものです。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧