【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

【健康管理システムの遠隔活用法】在宅勤務中の社員の健康管理にも!

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/15

雇用する従業員の健康を管理することは企業の重要な仕事の一つで、社員の健康管理は明確に法令で義務付けられています。最近では労働安全基準上でストレスチェックが求められるなど、社員の健康管理の重要度がより高まっています。ここでは健康管理システムを導入し、従業員の健康を守り、同時に作業にかかる労力を軽減する方法をご紹介します。

改めて確認したい従業員の健康管理の必要性

事業者であれば改めて確認しておきたいのが、従業員の健康管理の必要性、そして遵守するべき法令です。企業にとって従業員の健康管理は今や必須の業務の一つといえます。労働安全衛生法には、雇用している社員に対して「生命や身体等の危険から保護する環境を用意すること」が明記されています。

また、最近では50人以上の労働者がいる事業所に、従業員のストレスチェックを義務付ける改正労働安全衛生法が施行されました。加えて有給休暇の義務化は皆さんの知るところでしょう。法令だけでなく世論も企業の従業員に対する健康管理への目線は厳しいものになりつつあります。法令違反で罰則となるものもあり、従業員の健康を害した企業に損害賠償を命ずる判例も存在します。そのようなリスクを回避するためにも定期的に社員の健康管理に取り組む必要があるのです。

継続的に従業員の健康やストレスをチェックすることで労働者自身の健康への意識が高まり、昨今問題となることが多いメンタルヘルスの不調を事前に避けることにつながります。従業員の健康管理を事業者が適切かつ積極的に行うことは労働者にとっても、事業者にとってもメリットがあることといえるでしょう。また、健康管理を適切に行うことは、新卒者が会社を選ぶ判断材料の一つになりつつあります。就職活動をしている未来の社員への大きなアピールにもつながっていることを意識しましょう。

健康管理システムを導入するメリット

昨今、社員の健康管理を行うに当たり、健康管理システムを導入する事業者が増えています。健康管理システムとは、従業員の健康管理やそれに関係する事務作業を効率的に管理するITツールのことです。健康管理システムを導入すれば従業員の健康を一元管理でき、関係各局に必要書類を提出する業務が簡便化するだけでなく、従業員ひとりひとりの健康状況を素早く知ることができます

具体的なメリットとして、まず健康管理業務の負担軽減が挙げられます。担当者は健康診断からストレスチェックまで幅広い業務をこなさなくてはなりませんが、その負担は年々増加しています。健康管理システムを導入すれば、それらの業務を一元管理でき、データ管理に掛かる負担を大きく減らすことができます。専任者を付けることなく運用することもできるため中小零細企業にとって大きなメリットとなりえます。

また健康状態をデータ化し、分かりやすくできる点も見逃せません。従業員ひとりひとりの健康状態が可視化できるため、健康状態のよくない社員に対して適切なアプローチを取れますし、社員も自らの健康を客観的に認識できるようになります。結果として、健康状態を良好に保つことにつながります。

加えて健康状態の変化を知ることができるというメリットもあります。定期的に同じツールで管理を続けることで、従業員ひとりひとりの健康の変化を捉えることができます。不調が発生すれば迅速に対応ができるため、体調の向上につながるとともに、自身の体調の変化に対して敏感になり、健康への意識向上にもつながります。

在宅勤務(リモートワーク)で増す健康管理の負担とその対策

新型コロナウィルスの流行により、リモートワークに切り替える企業が増えてきているのはご存知のとおりです。その際、社員の健康管理に関する業務の難易度が上がっているのはご存知でしょうか。これまで対面で行っていた業務ができなくなったことに加え、担当者が出社する機会も減少したことで関係各局へ提出する書類の作成が滞る企業が増えています。

健康管理システムを導入すれば、リモートワーク環境においても通常通り社員の健康管理に関する業務を円滑にすすめることができます。在宅勤務特有の問題として、労働時間の長時間化があります。いわゆるテレワーク疲れのことです。テレワークは業務場所、時間の効率化というメリットがある一方、対面では一言で済ませられることをキーボードで打ったり遠隔ツールを使ってやり取りをしたりしなければならず、結果として長時間労働になりやすいといわれています。また近くに相談できる相手がいないことが多く、気づかぬまに体調が悪化していたというケースもありえます。

事業者にとっては不利な環境のなかでも、企業は法令を遵守しなければいけません。従業員の労務管理を適切に行い長時間労働の抑制に努める必要があるのです。気づかぬ間に従業員の健康が悪化していたでは済まされない時代だからこそ、社員の健康維持を行う上で健康管理システムを活用するメリットは大きいといえます。

 

企業にとって従業員は大切な資産です。従業員の健康を守るため、そして厳しさを増す世間の目や法令に対応するため、健康管理業務の重要度は増しています。昨今のコロナ禍における在宅勤務化においても、従業員の健康を守りつつ管理業務を軽減しなければなりません。そのためにも、健康管理システムの導入を検討されてはいかがでしょうか。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧