【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムで解決できる社員の健康課題

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/02

健康管理システムは、企業に存在しているさまざまな健康に関する課題の解決に役立つシステムとして注目されています。上手に活用することで効率よく問題を解決に導くことが可能となることが最大のメリットです。とくに社員数の増える中堅以上の規模の企業になると、顕在化してくる課題に対して対応するために役立つシステムだといえるでしょう。

健康管理システムはデータの時系列管理が得意

健康管理システムが存在しない場合の健康管理は、紙媒体で各個人から回収した結果を扱う場合がほとんどです。しかしながら、そのような方法では必要な情報のすべてを見つけることが難しい場合や時間がかかる場合が少なくありません。また、基本的に個人の結果を参照することしかできないので、企業に所属する多数の従業員全体の傾向を把握するのには向いていません。

このような企業全体の健康管理を目的とした場合は、健康管理システムが持っているデータベースという機能が大いに役立つでしょう。とくに、健康管理を主な業務とした専門スタッフが存在している場合には、何らかの形で健康管理のために収集した情報をデータベース化して扱えるようにしておくことが、データを有効に機能させる方法の1つであるといえます。

たとえば、健康管理上、血圧の測定は必須項目として実施しますが、従来型の結果管理を行う場合には現在の結果を知ることができても、従来の結果を確認できない場合があり得ます。最近では過去に3回分の結果が添付されることがありますが、変化の方向性については必ずしも示されていないこともあるでしょう。

しかし、直近の情報だけで判断することが適切であるかどうか迷う場合も少なくありません。データベース化することにより、保有しているすべてのデータを参照して判断できるようになるため、紙管理ではできない過去の結果との比較が容易になります。

健康管理システムの活用で効率的な業務を実現

健康診断を受けた場合、状態が悪くなっていれば経過観察や治療が必要という医療上の指示や判断を個人に対してフィードバックすることになります。初めてこのような結果を受け取った場合には、本人も注意をしたり病院受診をしたりする場合がありますが、そのような状態が長く続くことにより、慣れてしまうこともあります。同じ結果が続くことによって治療が必要でも放置してしまうことあるでしょう。

しかしながら、企業が行うべき対策はこのように改善が見られない個人に対して行うべきものであるといえます。従って企業側は個人に健康管理を任せるだけではなく、積極的に情報発信と対策の提言が求められているのです。このような目的を持つ場合にも健康管理システムは非常に有益な存在となります。

たとえば、血圧に着目して情報収集する場合、健康管理システムを活用すると一定の基準を満たした従業員名を容易に収集することができます。今回の健康診断で正常範囲を超えた人だけを抽出することはもちろん、以前にも同じように判定を受けており改善していない、あるいは治療を受けていない従業員を抽出することも可能です。

システムを活用することにより少ない手間で有効な指示や指導を行うことができるようになります。このような業務をデータベース出して行う場合には、非常にボリュームのある事務作業を必要とすることになり、多大なコストを支払わなければなりません。その膨大な作業を簡略化できるのがシステムのメリットです。

少ない手間で多くの情報を引き出すことができるようになる

企業には労働安全衛生法と呼ばれる法律によって従業員の健康管理を行うことが義務づけられています。従って法律に定められた範囲内については健康診断を行い、問題があるのであれば改善のための対策や指導指示を行うことが求められます。これは医者等の専門家の仕事であるとして一般企業の仕事の範囲から切り離せるものではなく、雇用側が責任を持って対応しなければならない義務として受け止めるのが正しいといえるでしょう。そのためには効率よく対応するための仕組み作りをしなければなりません。

この作業は健康管理システムがなければ効率化は困難であると考えるケースが多くなっています。システム管理は企業による健康管理と対策を実現するための方法として優れた手段です。一定の条件を満たしている人だけをデータベースの中から探して対策を打つなどの情報処理は非常に得意ですので、その分野で活用することが期待されます。健康管理のためにどのような条件で案内をするのか、指示をするのかについては企業側で考えるべきポイントとなりますが、その目的で必要となる対象者の抽出には大いに力を貸してくれるものとなるでしょう。

このような仕組みを上手に活用することにより少人数で効果的な健康状態の改善に力を貸すことができるようになります。また、複数拠点を持つ企業等などではクラウド機能を使って一元管理できるのも魅力です。

 

健康管理システムは大勢の従業員の健康管理を目的としたデータ管理のために必要な仕組みです。少人数であればエクセルでも可能である場合もありますが、ある程度の規模になると効果的な運用のためにデータベースがより有効になるのが一般的でしょう。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧