【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムならストレスチェックも簡単

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/02

長時間労働が社会問題となっている今、企業にも社員の健康管理を行うという責務があります。ヘルスマネジメントを行うにあたって、課題をクリアしなければなりません。健康管理システムを導入すると、ヘルスマネジメントに関する課題を解決することが可能です。同時に社員のストレスチェックも行うことができ、データを適切に管理できます。

簡単に書類作成が可能

さまざまな健康管理の課題は健康管理システムを利用すると、簡単に解決できます。たとえば官公庁などに提出するための書類を作成するときに、時間を短縮することが可能です。健康管理システムには官公庁への提出用書類を作成できる機能があり、過去のテンプレートやデータをベースにして必要な書類を作成できます。

労働基準監督署に提出する書類などの作成に必要となる時間を大幅に短縮できるため便利です。官公庁への提出管理もシステムで確認でき、書類の提出漏れなどを予防できます。

医療機関の受診状況なども管理でき、定期健康診断結果によって検査したり、治療が必要な箇所のある社員について確実な受診を促したりできるでしょう。受診状況を集約することによって、通院などが業務に与える影響を予想することもできます。勤務状況や健康上の問題についての関連性を把握でき、社員に関する健康上のリスクを判断する機能を利用することが可能です。

ストレスチェック機能も搭載されていて、その結果をデータ管理する際にも便利です。健康管理システムを活用することで、社員の健康リスク発生を防ぐことができます。システムの中には行動計画立案や生活習慣記録、メールの配信など生活習慣改善を促す機能もあります。たとえばメタボリックシンドロームと判断された人について、生活習慣の改善を促しながら継続的な指導を展開することも可能です。

機能を活用することが大切

健康管理システムには人事や労務担当者向けの管理機能も搭載されています。各部署のスタッフ向けの機能があり、個人情報管理機能やレポート作成機能などを活用すると便利です。個人情報管理機能の場合、従業員の名前や住所、職種や保険情報などを管理でき、任意の管理項目も設定できます。

特殊健診が必要な場合には明記できます。特殊健診は特定有害物質を業務で使う場合に義務化されている検査です。特定保健指導はメタボ診断とも呼ばれていて、内蔵脂肪型肥満の原因とされている生活習慣改善を指導するときに利用できます。

健診結果は一般的に健康的な人の平均値を基準値と呼んでいて、その総合判定により基準値からどのくらい差があるかを簡単に見ることが可能です。保険指導履歴については、従業員は産業医など保健指導者からインターネットを通じて指導を受けることができます。従業員は、パソコンはもちろん携帯電話や手紙、FAXなどから指導を受けることができるため大変便利です。

診断した結果は個人情報漏洩などにもつながりますので、匿名にできたり診断内容の表示を制限したりすることも可能です。中にはマスキングできる機能もあり、個人IDを配布することによってスムーズに検索できます。管理者が従業員別にさまざまなデータを参照することが簡単になりますので、ストレスチェックなどの結果もすぐ閲覧することが可能です。

オンライン診断でメンタルヘルスにも対応

常時50人以上労働者がいる場合、定期健康診断結果報告書などを作成して、労働基準監督署に報告するルールとなっています。健康診断をすれば終わりではなく、書類を作成し健康診断を行ったというレポートを提出しなければなりません。健康管理システムを導入すると管理者側にはいろいろなメリットがありますが、従業員向け機能も多種多様です。

従業員向け機能として、産業医面談予約機能やオンライン診断機能を利用できます。産業医面談予約機能については、診断を予約する画面から空きや予約状況などを確認可能です。予約はもちろんキャンセルや変更なども随時処理でき、従業員が直接行えますので各部署の保健スタッフが産業医などとスケジュール調整しなくても大丈夫です。予約日になるとアラームが通知されることになっているため、受診率をアップすることもできるでしょう。

オンライン診断を利用することによって、メンタルヘルスを受けることも可能です。いろいろな設問にインターネットを使って回答することで、いろいろな診断を行うことができます。判定した結果をもとにして、産業医との面談が必要になったり、各判定におけるさまざまなコメントやメッセージを従業員に知らせたりすることが可能です。個人情報とリンクできるため、メタボリック診断やBMI指数なども自動的に判定できます。

 

健康管理システムにはさまざまな機能があり、メンタルヘルス診断やメタボリック診断などを行うことが可能です。義務化されている社員の健康管理に対して、柔軟に対応できるため導入している企業は増えています。自社で持っている課題を解決するための機能がありますので、健康管理システムを選定すると業務効率化にもつながります。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧