【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

【健康管理システムの市場規模の推移】ストレスチェック義務化で増加傾向

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/05

2015年の労働安全衛生法改正により、一定以上の労働者を常時雇用する企業ではストレスチェックが義務付けられています。従業員の健康管理の重要性は制度に反映されたことで、健康管理システムなどの関連事業の市場規模は拡大を続けるものと予測されています。中小企業ではとくに重要な課題とされている健康管理の在り方を御紹介します。

健康経営関連事業の市場規模は成長が見込まれる

近年では企業経営において健康経営という取り組みが注目を集めています。健康経営とは、従業員のヘルスケアマネジメントを経営上の重大な課題と認識し、労働者の心身の健康やメンタルケアを戦略的に分析し、従業員の健康保持増進と生産性の向上を図る取り組みのことです。それにともなって企業の健康経営をサポートする健康経営関連事業の市場規模は成長を続け、2020年には1兆6,700億円の市場規模に拡大するものと想定されています。

もっとも健康経営をサポートする事業は多岐にわたり、複合的なジャンルに対するソリューションを提供するものです。現時点では大別すると、健康経営を支援する経営理念の策定・法令順守リスクマネジメント領域・従業員の健康増進領域・環境改善組織活性化関連・ワークライフバランス領域の主に5つのセクターに分類できます。近年ではさらに政府が旗振り役になって推進している、働き方改革の実施により残業時間規制などの労働環境改善と労働生産性の向上の解決はとりわけ重要視されるようになりました。

このように従業員の健康管理を改善するトレンドは大きなものがありますが、これらの一連の取り組みをサポートする取り組みとして健康管理システムが注目を集めています。健康管理システムとは、定期検診結果や保健指導結果などのデータを一元管理し労働者の健康増進に寄与するシステムのことです。

ストレスチェック実施義務の有無を確認する

健康経営を実現するセクターの市場規模の成長の拡大が継続していくものと予想されますが、健康経営関連事業への注目を集めるきっかけの一つにストレスチェックの実施を挙げることができます。ストレスチェックとは、常時雇用する労働者の数が50人以上在職している事業所を対象に、1年に1回メンタルヘルスの状況を把握するためのチェックの実施が義務付けられるというものです。対象となる労働者や正社員はもちろん、所定の労働時間の4分の3以上就労する場合は対象に含まれるので、アルバイトやパートなどの雇用形態でも対象者に含まれることがあるので注意が必要です。

ストレスチェックは何月何日に実施しなければならないとはされていませんが、年間一回ごとのサイクルで実施する義務があります。つまり前回の実施時から1年以内に実施するというわけです。ストレスチェックは問診票を使用して行います。調査票には以下の3項目に関する質問が含まれる必要があります。

職場における労働者の心理的負担に関する項目、当該労働者の心理的な負担による自覚症状に関する項目、そして職場におけるメンタルヘルスの問題を抱えた労働者への支援に関する項目の3つです。ストレスチェックを実施しないこと自体に対する罰則はありません。しかし労働基準監督署へのストレスチェック報告懈怠は50万円以下の罰金が規定されています。

健康管理システム導入で健康経営を実践

事業者は会社経営において従業員の健康管理維持に大きな責務を負っています。制度化されたものにはストレスチェックの実施や定期検診結果の労働基準監督署への報告などを指摘できます。労働者の健康管理を経営上の課題として経営戦略をたてる健康経営を指向する場合、現実にどのような対策で臨めば所定の目標達成をできるかが問題になるでしょう。この問題に有効な対策を提供してくれるのが健康管理システムです。

名前くらいは知ってはいても具体的成果が想像できないため、導入をためらっている経営者もいるかもしれません。健康管理に活用できる健康管理システム導入で期待できる効果には何があるのでしょうか。まず従業員の健康管理に関するデータを一元管理できるのは大きなメリットです。

検査項目ごとにエクセル管理していると、個別の検査項目のデータを認識できるだけで、労働者の心身の状況を俯瞰的に把握することが困難です。これに対して健康管理システムを導入すれば、個々の労働者の全身状態も健診結果データを入力することで継続的にモニタリングすることが叶います。このメリットは従業員の立場からすれば、健診結果などが可視化され、より正確にわかりやすく自分の健康状態を認識できることを意味します。その結果従業員の健康意識の向上や、早期の病気発見のための再検査などへの動機づけも期待できるはずです。

 

健康経営の普及や働き方改革の推進などが進む中で、労働者の心身の健康管理を取り扱う健康関連事業の市場規模は成長を続けています。そのようなトレンドのなかで企業のストレスチェックや定期検診などを健康管理に役立てるには、健康管理システムの導入がカギを握っているといえます。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧