【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

人気の健康管理システムの特徴とは?あると便利な機能まとめ

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/15

健康管理システムは、年々複雑になる労働安全衛生法に対応できるようにバージョンアップを繰り返しています。そのため、細かいニーズに応えられるものが人気となります。利用する企業ごとに求めるポイントが異なりますが、概ねいくつかの点がシステムに対する要求事項になっているようですので、その点に着目することがおすすめです。

あると嬉しい監督署への提出資料作成機能

健康管理システムで管理することになるのは従業員の情報になりますが、その中心は法廷健診として実施することになる定期健康診断と特殊健康診断です。そこに労務上の問題がある場合には追加で情報を管理することになる場合もありますが、いずれにしても必要なタイミングで必要な資料を作ることを目的としています。

健康診断の実施は法律に定められた義務ですが、そのことを証明するためにはきちんと届け出をしなくてはなりません。そのための資料作りを健康管理システムで行いたいというニーズが現実的に存在しています。記入方法もやや複雑なものがあり知識が必要なので、正しい情報を自動的にシステムが計算してくれるのであれば、これほどうれしいことはないでしょう。このような機能はいくつかの健康管理システムには搭載されているものもあります。

ただ、特殊健診を必要とする場合には少しハードルが高くなってしまいます。監督署への届け出は必須なので、対応しない状態を放置していると監査の対象になってしまうこともありえます。そのため健康管理担当者としての立場から見た場合、このような報告書の作成のために使うことのできる機能はとても求められているといえるでしょう。もしも対応可能な仕組みがあれば、それは人気を集めることのできる特別な魅力になります。

産業医の希望に対応できる文書作成機能

産業医は事業所に雇用されることになる医師であり、従業員の健康管理に対する必要な助言や対応を担ってくれる存在です。その中には法的に実施すべきとされているものも多く、それを実現させるためにさまざまな方法で対応します。しかしながらこの産業医として働く医師も専門性はばらばらであり、必要とする情報にも個人差のあることが現実です。そのため定型の書類作成で済むことばかりではなく、時として医師が変われば対応方法を見直す必要も生じます。

そのような状況において、定型への対応しかできないという状況になれば産業医と企業の橋渡しをする担当者は苦しむことになるでしょう。そのためある程度のカスタマイズができる仕組みがあれば、柔軟な対応が可能になり、その点が人気の出るポイントにもなりえます。産業医活動の在り方にもさまざまな形がありますので、その部分に健康管理システムの柔軟性で対応できれば大きな魅力でしょう。

最も基本的な部分としては健康診断の結果について、正常範囲ではない場合に医師の意見をもらうという活動が知られています。これは記録を確認して書くものなので、システムを上手に活用することで改善することのできる要素を持っていると考えられます。ただし、この柔軟性が大きければ手間が増える可能性もありますし、健康管理システム導入費用が高騰する場合もありますので、コストパフォーマンスを意識しなくてはなりません。

クラウド型で管理の不安が不要になる魅力

近年になって大容量のデータを自社で管理するのではなく、セキュリティ対策を施された状態で外部に置くという手法が注目されるようになりました。クラウドタイプのサービスはこのような方法で社外にデータを置き、それを管理する仕組みを採用していますが、この方法には大きな魅力が存在しています。それは自社内での管理不行き届きによるデータの消失や、維持管理コストをかけずに済むという点に集約されます。

たとえば、クラウドのサービスを健康管理システムとして導入した場合は、月額の料金を支払って外部の業者に従業員の健康管理上必要となるデータを持ってもらうということです。この方法は月額で料金が必要になるという点が目立ちますので、維持費として評価され好まれない場合もありますが、社内にサーバーを設置して保守メンテナンスを行う労力を考えれば、基本的にメリットしかない選択肢となりえるものです。

さらには企業が大きくなるに従って複数拠点を持つようになった場合、クラウドタイプであれば複数の事業所の情報を一元管理することも非常に容易です。このような特徴は人気を呼んでおり、ある程度の規模を持つ企業の場合には積極的にクラウドサービスを選択しているという流れも生じています。オンライン上であっても、しっかりと安全に管理することのできる仕組みがあるので、必要以上に不安視することはありません。

 

健康管理システムは、導入することによって、日常業務を大きく軽減してくれることが期待される機能を持っているものも少なくありません。従って、使用者が期待をかけるような機能を豊富に持つ人気のシステムであることを確認して導入することには大きな価値があるのです。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧