【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムはクラウド型とオンプレミス型どちらがおすすめ?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/13


ここでは、健康管理システムはクラウド型とオンプレミス型のどちらがおすすめかを説明します。クラウド型というのは、音楽や動画ストリーミングサービスでおなじみの遠隔地からのサーバーを利用したサービスです。それに対して、オンプレミスというのは、自社に大型のサーバーを設置して自社で管理する方法です。それでは、説明していきます。

健康管理システムとは何ですか?

健康管理システムとは、企業の健康管理をサポートするシステムと、個人の生涯にわたる健康管理をサポートするシステムを組み合わせた健康管理サービスです。働き方改革や新型コロナウイルスの影響で、企業(組織)の健康管理を取り巻く状況は大きく変化しています。産業医との面接ができず、健康状態が正確に把握できないという相談や、在宅のため従業員のメンタルヘルスが気になる、などといった相談も増えています。

健康管理システムでは、取得データの種類を拡大し、新技術を取り入れながらヘルスデータバンクを進化させ、こうした社会の変化を把握し社員の問題解決に貢献していきます。今後も健康管理に対する機能を強化していくので、これからも注目のサービスといえます。健康管理システムは、健康診断機関から従業員等の健康診断データを直接受信し、データ形式を統一し、高品質な健康診断データベースを構築しています。

職員サイトからの健康診断データとストレスチェックデータを組み合わせて、人事・労働者・医療スタッフが健康問題の抽出やアドバイスなどの労働安全衛生業務を行い、従業員が自分の健康状態を確認できます。このように、今後の社会はヘルスケアというキーワードがとても大切になってくることがわかります。そのため、遠隔地でも社員の健康状態がわかるシステムは必須になってくることでしょう。

オンプレミスの健康管理システムの特徴とは

オンプレミス型の健康管理システムの特徴は、健康診断データを自社で管理したい場合に使用することです。これはパッケージソフトであったりダウンロード形式であったりしますが、基本的には自社で情報を管理するということになります。最近では、東京都港区が国のコロナウイルス情報システムの使用をやめました。

その理由は、システムの管理者権限に業者の名前が存在していたからでした(実際には政府が業者だと認定しているので港区の判断違いの可能性が高いです)。企業や団体によっては、このように部外者からの侵入を心配して自社で管理したいという場合もあります。そのような場合にオンプレミス型のシステムを使います。

オンプレミス型のシステムを使用するには、自社に大型サーバーを設置してソフトウェアをインストールする必要があります。もちろん、オンプレミス型はサーバーもソフトウェアも自社で管理しなくてはいけないので、専門的な知識を持った社員が必要になってきます。

そして、災害時や停電などでシステムが停止する恐れがあるので、無停電電源装置などのオプション器機も必要になってきます。このように、オンプレミス型の健康管理システムは、自社で健康診断データを管理できる反面、設備投資や専門的な知識を持つ人材が不可欠です。そのため、一般的にはクラウド型の方が効率的で扱いやすいとされています。

クラウド型の健康管理システムの特徴とは

クラウド型の健康管理システムの特徴とは、遠隔地のサーバーによって健康管理データのやり取りをできることです。また、全国にある数千の検診機関ともクラウドによってつながっているので、健康診断のデータを管理しやすくなります。健康診断データは、従来のExcelなどで使用していたCSV形式から国の定めるXML方式に変更したことにより格段に多くの情報を扱いやすさが増したので、クラウドとの相性もよくなっています。

クラウド型の健康管理システムのよい点は、健康診断データをAIなどにより分析して、その結果や対策を従業員の被保険者や企業の人事労務担当社や医療スタッフが確認できることです。また、これらのデータを共有することにより、対策や問題点も見つけやすくなる点もメリットです。企業が国に報告する際にも、このようなシステムを導入していると報告の効率化にも役立ちます。また、一番大切なことは従業員の健康を守ることなので、システムによって健康診断データを数値化して把握しておくことは何よりも重要になってきます。

さらに、システムを管理する際、オンプレミス型に比べて設備投資の面でも費用が安く、またクラウドには専用のセンターで管理しているため災害やトラブルにも強いのです。このような、メリットから現在ではクラウド型の方が多く採用されています。オンプレミス型でも同様のことはできますが、自社で管理するというのは大企業以外では難しいかもしれません。

 

さて、ここまで、健康管理システムのクラウド型とオンプレミス型について説明してきました。クラウド型で健康診断データを管理することによって、ビッグデータをAIで分析したりできるようになりました。今後は、社員の健康を守る取り組みが広がることに伴い、このようなシステムの活用は普及していくでしょう。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧