【2021年最新版】健康管理システムランキング!人気の高いクラウド型・オンプレミス(パッケージ)型のシステムを厳選比較で紹介!

健康管理システムで働き方改革!その効果とは

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/15

関連法案の一部施行により、働き方改革は大企業のみならず中小企業であっても解決するべき課題として認識されています。また新型コロナウイルスの流行による外的事情も関係して、従来の働き方は変容を迫られていることも事実です。労働生産性の向上や高齢者の就業環境に対応するうえでも、健康管理システムの導入は大きな意義があるでしょう。

働き方改革に向けた取り組みとして何をするべきか

政府が掲げる働き方改革とは、終局的には一億総活躍社会の実現にあります。戦後の日本経済のモデルケースとして、60歳前後で現役世代から身を引き、公的年金で老後の生活をまかなうことが前提とされてきました。このようなシステムが円滑に作用するには、右肩上がりの経済状況と、公的保険や年金にかかる費用を生み出す現役世代の厚みが必要といわれています。ところが経済は成熟化し成長の余地はせまくなり、さらに少子高齢化の影響もあり公的年金や健康保険は増え続けています。税金や保険料は、現役世代だけでは充分にカバーすることは事実上困難となりつつあるのです。

働き方改革を後押しする背景には、客観的データも存在しています。まず、人口減少社会が定着したことにより、人口は2010年の1億3,000万人弱をピークに減少を続け、2050年には9,000万人前後までに減少する予想です。同時に労働力人口も減少することにもなります。1995年には8,000万人を超えていた労働力人口が現在では減少しており、2027年には7,000万人までに減るとの予測されているほどです。

労働人口の減少は、そのまま経済活動の鈍化を意味します。そこで働き方改革では、労働力不足解消が大きな論点となってくるでしょう。もちろん出生率の上昇が必須ですが、現況を前提に企業が取り組める対策としては、働き手を増やすことと労働生産性を改善することの2点を検討する必要があります。これらの課題の解決の一助になるのが健康管理システムなのです。

企業が直面する従業員の健康管理の負担

現在、政府が積極的に推進している働き方改革を進めるにあたり、現在の中小企業が直面する課題は従業員の健康管理といわれています。その理由としては、先進国のなかでも最低レベルともいわれる労働生産性の向上させるためにも、高齢者や女性など新規の労働力を雇用するためにも、健やかに就業できる職場環境の維持が前提条件になるからです。

ところが、中小企業では大企業のように健康管理をプロパーに当てるスタッフの余裕がありません。限られた人的資源が原因で、従業員の健康管理や健康投資が後回しにされがちなのが現状です。しかし、実際には限られた人的資源を安定的に確保するためには、むしろ健康管理に重点を置くべきなのも事実ではないでしょうか。

従業員の心身の健康は、労働生産性の向上にも直結する条件だからです。従来から従業員の定期的な健康診断の実施や、労働基準監督署への健康診断結果の提出などが義務付けられています。さらに最近では労働安全衛生法の改正で、2015年よりストレスチェックの実施が義務付けられました。従業員が50人未満の事業所では努力義務にとどまっていますが、企業規模を問わず従業員の身体のみならず心の健康が重要なことはいうまでもありません。

これら一連の取り組みもデータがフィードバックされ、活用されることで初めて意味が出てきます。その他、従業員の健康管理データを一元的に管理する健康管理システムの導入と活用は、従業員の健康管理の有力なソリューションになるはずです。

健康管理システムを導入することで期待できるメリット

中小企業が抱える従業員の健康管理の課題は、人的資源が不足することのほかにも2点ほど挙げられます。まず考えられることは、従業員の健康意識に個人差が大きい点です。健康診断で異常を指摘されても、適度な運動や食事バランスなどを呼びかけても、従業員の健康意識次第でその後の経過は決まるでしょう。

また定期検診だけでは病気の早期発見が難しい場合もあります。どれほど重大な末路を迎える生活習慣病も、早期では無症状なことが多いです。もちろん病気の早期発見を目的に定期検診が実施されておりますが、自覚症状が出ていなければ、データで異常を指摘されても医療機関への受診につながるわけではありません。

このような従業員の健康管理の課題も、健康管理システムを導入することで大きな改善が期待できます。まず従業員の健康管理業務を一元的に管理できるので、データ管理業務や各種事務手続きの負担を大きく軽減できるでしょう。人的資源不足で健康管理を徹底できていない中小企業でも、きめ細やかな健康管理が可能になります。

さらに健康管理システムを導入すると、ひとりひとりの身体の状況が可視化されることが期待できるでしょう。普段は健康意識が低い従業員でも、自分自身の心身の状況を客観的データで認識できるので、今後の健康への向き合い方も変わってきます。システム化されていない企業では、エクセルなどで個別にデータ管理がされていますが、健康管理システム導入により、一元的に健康管理データを把握分析できることになるのです。

 

働き方改革では幅広い人材を労働力として投入できるように、職場の健康管理が大きな問題になっています。定期検診やストレスチェックが義務化されてはいますが、データ管理やフィードバックに難点を抱えていました。健康管理データの一元管理を可能にし、必要な情報を従業員に効率的にフィードバックできることが、健康管理システムの大きなメリットなのです。

健康管理システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名Carely(株式会社iCARE)ヘルスデータバンク(NTT DATA)H.S.S ヘルスサポートシステム(ウェルネス・コミュニケーションズ)健診データ管理システムLite(株式会社エヌ・エイ・シー)さんぽカルテ(あやとりシステム株式会社)
特徴クラウドシステムでの健康管理を専門的に提供受診データの受け取りや登録は全て代行で実施15年以上の稼働実績を持つクラウド型健康管理システムシンプルかつ使いやすい機能だけを集約したシステム現役産業医が設計を行った健康診断システム
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧